監督代行の代行!緊急事態にも大谷翔平はヒットと申告敬遠で貢献。米記者「エンゼルスが昨年6月以来の1点差ゲーム2連勝」

タグ: , , 2022/6/28

大谷はこの日、3打数1安打。チームは4-3で接戦をものにした。(C)Getty Images

 現地時間6月27日(日本時間28日)、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、ホームのエンゼル・スタジアムで行われたシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番・DH」で出場。第1打席は空振り三振、第2打席はライト前ヒット、第3打席は空振り三振、第4打席は四球と、3打数1安打1盗塁に終わった。チームは4-3で勝利をおさめている。

【関連記事】日本ハム・清宮 心配される指揮官との「すきま風」 注目集める「あのコメント」とは





 前日のシアトル・マリナーズ戦で起きた乱闘を受け、両軍合わせて12名が出場停止処分を食らい、監督代行のフィル・ネビンも出場停止処分を余儀なくされた。これにより、エンゼルスは、まさかの『監督代行の代行』という緊急事態で試合に臨むことになった。

 前日の乱闘に参加し、相手選手をなだめる姿を見せた大谷にケガはなく先発出場。この日も、打者としてチームに貢献した。

 大谷の第1打席は、1死2塁の場面で回ってきた。緩い変化球にタイミングを崩され、バットの先に当たった打球が、自分の足に当たり痛がる場面もあったが、大事には至らず。最後は高めの変化球にタイミングを崩され空振り三振。

 3回の第2打席は、3球目の変化球に完璧にタイミングを合わせ、大谷シフトで守るセカンドの横を98.7マイル(約158.8キロ)の鋭い打球で切り裂くライト前ヒットを放った。しかし、後続が続かず、大谷のチャンスメイクからは得点にならなかった。

 5回の第3打席はスライダーで空振り三振に倒れたが、7回の第4打席は2死二塁のチャンスで打席を迎える。しかし大谷は相手の戦略により、申告敬遠で勝負を避けられ、本日2安打目とはならなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧