これぞ“ショータイム”!大谷翔平が演出したサヨナラ劇にレジェンドOBも大興奮「オーマイガー!言葉が出ない!」

タグ: , , 2022/5/9

大谷が劇的なサヨナラ勝ちを演出!自身のタイムリー二塁打で同点に追いついた直後、今度は快速を飛ばして決勝のホームを踏んだ。(C)Getty Images


 日本の至宝の一打と激走に、球団OBも魅了されているようだ。

【動画】これぞ“ショータイム”!大谷翔平の快足が際立つ「サヨナラ生還&渾身ガッツポーズ」のシーンをチェック!

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は5月8日(日本時間9日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたワシントン・ナショナルズ戦に「3番・DH」で出場。9回裏、エンゼルスが2点ビハインドの状況で、大谷があと一歩でホームランという当たりのタイムリー二塁打を放ち、ゲームを振り出しに戻した。さらに、続く4番アンソニー・レンドンのセンター前ヒットの間に、大谷がホームへ激走。際どいタイミングではあったが、判定はセーフとなり、エンゼルスがサヨナラ勝ちを収めた。勝利の瞬間、選手やファンの喜びが爆発した。

 ただ、この大谷のアグレッシブな活躍に沸いたのは球場だけではなかった。地元放送局『Bally Sports West』で解説を務めたエンゼルスOBのマーク・グビザ氏は、試合後に「オーマイガー!!大谷とレンドン!!!言葉が出ない!!」と興奮のツイートを投稿。これにはファンも「私もこの瞬間、ソファから飛び降りた!」「最高の母の日!」「今日の勝利はグビザ効果もあるかもしれない!」と球団OBの歓喜に反応するようなコメントで溢れた。

 現地時間5日には投手として7回無失点の好投を見せ、現地ファンを虜にした大谷だが、今度は打者として、ファンだけでなく通算132勝を誇るエンゼルスのレジェンドをも魅了した。次回も現地を沸かせるような一打に期待したい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!
【関連記事】原巨人 4連敗で3位転落!「ぶち切れ降板」で心配される「昨年の悪夢」とは
【関連記事】巨人・中田 スピード昇格でささやかれる「2つのミッション」とは






「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧