大谷翔平、2023年オフのFA移籍先を米メディアが予想!「二刀流」へ巨額オファーが可能な球団とは?

タグ: , , , 2022/11/23

(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平は注目されたMVPレースも決着を迎えたが、トレード移籍の噂も絶えず、ストーブリーグでも主役の一人を演じている。年俸3000万ドル(約43億円)で2023年シーズンの契約を結んでいるものの、球団売却へと向かうエンゼルスと共に、その去就はさまざまな可能性が囁かれている。

 一方で、来シーズンオフにはフリーエージェント(FA)となることもあり、米メディアではFA移籍により他球団のユニフォームを着る大谷のイメージも膨らませているようだ。

【関連記事】原巨人 注目集める新キャプテン問題 ささやかれる「意外な本命」選手の名前






 スポーツサイト『FANSIDED』では、FAで大谷獲得が可能な3球団を予想、2024年の所属チームについて言及している。

 記事では、大谷の代理人のネズ・バレロ氏による「オオタニは2023年末にどうするか決める。とてもエキサイティングなことになりそうだ」というコメントも掲載。さらに同氏が「どのチームが彼の価値に見合った金額を払えるのか、どのチームが払えないのかを知ることができる。30チーム全てに平等にチャンスがある。給料を払ってくれるなら、どのチームも排除しない」と語ったことを受け、「日本人二刀流選手の来季の年俸は3000万ドルだが、2024年には最高の選手として記録的な契約を結ぶことが考えられる」とする同メディアの見解を示している。

 その上で、巨額オファーが可能となる3球団に、ヤンキース、レッドソックス、ドジャースを挙げ、それぞれについて大谷獲得の見込みを綴っている。

 ヤンキースについては、過去にも大谷獲得に動いた経験があるとして「メジャーリーグで最も多くのワールドチャンピオンを輩出したチームは、彼に再びオファーを出し、栄光のブロンクス(球団本拠地)に来るように説得する機会を逃さないだろう。日本側は、5年か7年、2億5千万ドルの契約を求めることができる」として移籍先最右翼と予想した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧