「監督はみんなと会話ができていなかった」 巨人低迷は原監督の「孤立化」も影響? 腹心コーチが証言した2022シーズンの反省点とは

タグ: , , , 2022/11/23

(C)Getty Images

 今季4位と5年ぶりのBクラスに沈んだチームでは開幕当初こそスタートダッシュに成功したが、5月から早くも雲行きが怪しくなっていった。

 4月は華々しく6人の投手がプロ初勝利を挙げ、主砲の岡本和が3、4月期の月間MVPを獲得するなど上げ潮ムードが続いたが、4月下旬にはプレー中の負傷でキャプテン・坂本が離脱。精神的な支柱を欠き、チーム内に動揺が広がる中、5月には今度はリードオフマンとして存在感を示していた吉川までプレー中のケガで離脱してしまう。

【関連記事】原巨人 注目集める新キャプテン問題 ささやかれる「意外な本命」選手の名前






 時を併せて、主砲の岡本和の打撃も湿りがちとなり攻守ともに歯車がかみ合わない中、ベンチもぎくしゃくとしたムードが漂うことが多くなったという。

 こういったチームの雰囲気を証言したのは今季までヘッドコーチを務め、腹心としてチームを支えた元木作戦兼内野守備コーチだ。

 新任の大久保打撃チーフコーチの公式YouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」で21日に更新された動画に出演した同コーチは改めて、巨人軍のコーチとしての歴史を振り返ると共に大久保コーチと「対話」についての重要性を力弁。その中で今季においては「監督とみんな会話ができていなかった。監督も辛かったと思うし、そこはヘッドコーチでもある僕の反省点でもある」と語る場面があった。

 同コーチは今年8月から三塁ベースコーチを外れ、ベンチ内に戻っていた。その直前に、三塁ベースコーチとしての判断を問われる試合もあったため、「俺、失敗したかな?」と元木コーチも不安に思ったというが、原監督からは「中がちょっと元気ないから」と理由を告げられたという。 

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧