秒速9メートル?大谷翔平の速すぎる内野安打に現地解説も感嘆「ストライドが軽やか」

タグ: , , 2022/6/21

快足を飛ばしてセカンドゴロを内野安打にした大谷。そのスピードに現地解説も唸った。(C)Getty Images

 現地時間6月20日(日本時間21日)、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、ホームで行われたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「3番・DH」で出場。2打数1安打2四球に終わり、試合も2-6でロイヤルズに敗れた。

【関連記事】5勝目の大谷翔平、会心の投球に思わず審判と握手!?「ショウヘイ、審判は友だちではないよ」と米記者ツッコミ






 ここまで3連勝と波にのっていたエンゼルスだったが、そんな中で3試合連続ノーヒットと打撃の調子が上がらない大谷の復調が期待された。

 第1打席で四球を選び、迎えたこの日の第2打席。大谷は外角のボール球をストライクと判定をされ、目を見開くような驚いた表情を見せる。しかし、その後の変化球を叩くと打球はセカンドの正面へ。アウトかと思われた弱い打球だったが、持ち前の俊足を活かして内野安打をもぎ取った。4試合ぶりのヒットに、大谷も笑顔がこぼれた。

 この大谷の俊足について、米カリフォルニア州地元局の『Bally Sports West』実況のパトリック・オニール氏は「秒速30.3フィート(約9.23メートル)」と伝えた。今季最速の平均スプリントスピードはロイヤルズのボビー・ウィットJr.の30.4フィート(約9.26メートル)。さらに同局解説のマーク・グビザ氏は「ストライドが軽やか。彼のスキルセットは見ていて本当に楽しい」と賛辞を送った。

 この打席で3試合連続ノーヒットという呪縛から解き放たれた大谷。第3打席も四球をしっかりと選ぶと、8回の第4打席は右腕バーロウを相手に鋭いライナーを打ち返すも、ライトライナーに倒れた。

 この試合は2打数1安打に終わり、復調の兆しを見せた大谷の打率は.252に。とはいえ、エンゼルスの投手陣は1回に先制2ランホームランを浴びると、8回にも2本のホームランを許して合計6失点と踏ん張れず。ア・リーグ中地区最下位のチームから白星を稼ぐことはできなかった。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【動画あり】石原さとみ、吉岡里帆、秋元真夏も!始球式でスタジアムを盛り上げた“勝利の女神”たち
【関連記事】矢野阪神 ロドリゲス獲得も「誰得?」といわれる「あの問題点」とは
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧