大谷44号も10勝目ならず メジャーワースト9安打の原因とは

タグ: , , 2021/9/11

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は10日(日本時間11日)に敵地で行われたアストロズ戦に「2番・投手」として先発出場。10勝目がかかった節目の試合だったが、4回途中を投げ9安打6失点で勝ち星を上げることはできなかった。被安打9はメジャー自己ワーストとなった。初回には4試合ぶりとなる44号ソロを放ち、本塁打王を争う、ペレス(ロイヤルズ)、ゲレーロJr.(ブルージェイズ)との差は再び2本とした。

【動画】登板試合で44号を放った大谷

●9/15(水)西武vs日本ハム戦 日本ハム・西武のレジェンド「西崎幸広」さんとオンライン酒飲み観戦!
●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
初回一死無走者から、相手右腕バルデスの変化球を捉え、右翼スタンドへ運んだ。4試合ぶりの44号ホームランと自身への援護弾で勢いにのりたいところだったが、肝心のピッチングでつまずいた。

 味方が逆転した直後の4回裏のマウンド、先頭のディアスへの死球、続くマクドウイックに安打を許すと暴投で無死二、三塁のピンチを迎える。一死後、この日2打数2安打を許していたアルトゥーベに外角スライダーを捉えられ、同点適時打を許した時点で降板を告げられた。その後、リリーフ陣も粘れず、4回途中を投げ6失点、被安打9はメジャー以降では自身ワーストとなった。ア・リーグ西地区首位を独走するアストロズ打線の勢いは止められなかった。





 これで自身の連勝記録もストップ。前回9勝目を挙げた試合は7回117球を投げ2失点。ほぼ完璧な投球で試合を作っていたが、この日の「異変」は何があったのか。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧