「オオタニが一人で救ってくれた」大谷翔平、7回1失点の好投&決勝2ランの”SHO-TIME” でチームの連敗をストップ!

タグ: , , 2022/6/10

投打ともに存在感を見せつけた大谷。今季4勝目は、チームの連敗を止める大きな白星となった。(C)Getty Images

 日本の至宝が“スーパーマン”の如くチームを救った。

 現地6月9日(日本時間10日)、ロサンゼルス・エンゼルス対ボストン・レッドソックスの試合がエンゼル・スタジアムで行われ、大谷翔平は「2番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回1失点6奪三振の好投で4勝目、打っては決勝の2ランホームランを含む4打数2安打2打点を記録し、チームの連敗を「14」で止めた。

【動画】現地記者も「驚くべきこと」と強調した、大谷翔平の圧巻12号2ランアーチをチェック!

 この日の“投手”大谷は初回から力強い直球で相手をねじ伏せ、3回には今季最速となる101マイル(約162.5キロ)を記録するなど、気迫あふれるピッチングでレッドソックス打線を封じ込めた。一方、“打者”大谷は5回、1点差を追う場面で、相手先発のニック・ピベッタが投じたツーシームをセンター後方まで運び、逆転となる今季12号、逆転2ランホームランを放った。その後チームは5-2で勝利したため、結果的にこれが決勝弾となった。

 これぞ”SHO-TIME”の活躍でチームの大型連敗を止めた大谷に対し、現地は称賛の嵐だ。米スポーツ専門局『FOXスポーツ』アナリストで自身のTwitterには“大谷翔平大好き”と日本語で記載している、ベン・バーランダー氏は大谷の逆転弾に、「101マイルを記録し、チーム唯一の得点をあげた!」と速報。さらに続けて「これは驚くべきことだ。彼はマウンド上で支配し、ホームランを打っている。それを当たり前だと思ってはいけない」と投稿し、大谷を称賛した。また、このツイートにファンは「オオタニがたった一人でチームを救ってくれた」「この男を嫌いになることは不可能だろう。大好きだ!」などのコメントで溢れ、大谷の活躍に大興奮の様子だった。

 大谷が圧巻の活躍で、記録的な連敗を続けていたチームを救った。次の試合でも”SHO-TIME”でエンゼルスに火をつけてほしい。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【動画】最速101マイル(162.54キロ)の剛速球で奪三振!大谷翔平が拳を握って雄叫びをあげた“エモーショナル”なシーンをチェック!
【関連記事】「地球人じゃない!」大谷翔平の二刀流“ワンマンショー”にレジェンドOBも熱狂!「爆弾を抱えたエイリアンだ!」
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧