大谷翔平を相手に“打率10割”!天敵が明かしたオオタニ攻略法とは?「ボールが速くて見極めが難しいから…」

タグ: , , , 2022/5/19

この日の対戦でも、大谷(左)から2打点を挙げたハイム(右)。まさに”天敵”と言っていいだろう。(C)Getty Images


 大谷キラーがこの試合でも本領を発揮した。

 現地時間5月18日、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に「3番・投手兼DH」の二刀流でスタメン出場。第1打席はファーストゴロのダブルプレー、第2打席は空振り三振、第3打席はセカンドゴロ、第4打席はサードゴロ、第5打席は空振り三振と、5打数無安打に終わった。投手としては6回を投げ、球数94球、3四死球、7奪三振、2失点、被安打6という成績。試合は延長戦の末、5-6でエンゼルスがサヨナラ負けを喫している。

【動画】オオタニキラーの本領発揮。大谷翔平の今季4勝目を阻んだハイムの同点タイムリーをチェック

 今季4勝目と連敗阻止を狙うエンゼルスの背番号17は、初回からヒットと四球で走者2人を背負うピンチを迎えたが、次の打者を空振り三振に切って無失点で切り抜けると、3回までも危なげないピッチングを披露。しかし4回、6回にレンジャーズの6番ジョナ・ハイムに2打席連続でタイムリーヒットを許して2失点。大谷は6回を投げ切って降板した。

 この日の大谷は決して調子が悪いわけではなかったが、ハイムとの相性は、やはり悪いようだ。2本の適時打は会心の当たりではなかったものの、ともにレフト前にポトリと落ちるような技ありヒット。4回の対戦時は、初球の100マイル(161キロ)の豪速球を打ち返された。

 実はこのメジャー3年目のハイムこそが大谷キラーだ。4月14日に行なわれた試合でも大谷と対戦しており、その試合でも満塁ホームランを含む2打数2安打5打点を挙げるなど、徹底的に打ち込んだ。





 レンジャーズで指揮を執るクリス・ウッドウォード監督は、「オオタニを相手に成功した選手はそう多くない」と話すなど、大谷との相性の良さに笑顔を浮かべる。そんなハイムがこの日も、大谷の前に大きな壁として立ち塞がったというわけだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧