巨人・岡本和に異変? 22打席ぶりヒットでささやかれる「あの理由」とは

タグ: , , 2022/5/19

 巨人は18日の広島戦(東京ドーム)に4ー2と勝利。ポランコ、ウォーカーのアベック弾が飛び出すなど新外国人選手の活躍が光った。

【関連記事】新庄ハム ロマン砲クリーンアップで大勝!ささやかれる「あの裏ミッション」とは



 相手先発は巨人キラーで知られる広島・床田。2回先頭で打席に入ったポランコは初球の内角高めの直球を右へ運び、先制となる8号ソロを放つと、次はウォーカーだ。1点リードの5回一死一、二塁の場面で打席に入るとまたも初球を捉え、8号3ランを放つと、顔をほころばせた。

 助っ人2人がチームの大きな力になっている。共に6試合連続安打と絶好調、守備難を抱えつつも打棒は止まらない。この2人の活躍ぶりには原監督も「4番打者が打たなくてもというところでね。今ジャイアンツはみんなでカバーしあっている」と評価。

 一方指揮官が話題にしたように心配されているのは主砲・岡本和の状態だ。この試合では7回二死から5試合ぶりとなる安打を放ったが、12日のDeNA戦で12号ソロを放って以来、21打席連続で無安打が続いていた。





 岡本の不振の理由についてはこんな声も上がる。

 「主砲としてチームを引っ張るという意識がすごく強い選手。周りの選手も調子がいいと乗っていけるが、逆に負傷者などが出ると責任感の強さが裏目に出て力む傾向がある」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧