巨人・中田 移籍後初! 笑顔付きの「わっしょいポーズ」披露! その裏にある心境の変化とは?

タグ: , , 2021/9/24

 これで波に乗れるか。巨人の中田翔内野手(32)は「7番・一塁」で先発出場した23日の広島戦(マツダ)の2回に先制の2号2ランをマーク、これで巨人移籍後は2本目の本塁打となった。9月に入って未だ連勝がなかったチームにとってもようやく初の連勝、24日からの阪神3連戦(東京ドーム)に勢いをつけて臨む。

・今すぐ読みたい→
巨人・中田 一軍復帰へ「みこしを担いでこそ完全復活」 その意味は https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-return-to-the-first-team/


●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 0―0で迎えた2回、二死一塁で打席に入った中田は相手左腕の玉村が1ボールから投じた真ん中高めの直球を見逃さなかった。代名詞ともいえるフルスイングで左中間スタンドに叩きこむと、ゆっくりとダイヤモンドを一周。ベンチに戻ると、チームメートとみこしをかつぐ、恒例の「わっしょいポーズ」も披露。しかも、これまでの中田には見られなかった笑顔がはじけていた。

 笑顔付きのわっしょいポーズはチームの一体感を高めることになったが、それ以上に大きかったのが、「ようやく一軍でも笑顔が見られました。ここまでの経緯、打撃不振もあり、どうしても表情が曇りがちだった。本人も『笑顔は見せられない』と思っていた節もあるがあのホームランでまだぎこちなさはあるが、笑顔を出せた。ここから乗っていける」(球界OB)と、中田本人に心境の変化が感じられたことだ。

 この『笑顔効果』の好例は今シーズンでいえば、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平だろう。





 大谷が今季二刀流として成績を残している背景には「感情を表にしっかり出すようになったことも大きい」と、現地メディアでも報じられていた。あの「大谷スマイル」は自身のパフォーマンスを向上させるためのメンタル操縦術でもあったというのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧