“狙われた”今永昇太の直球 メッツ強打者たちが明かした日本人左腕攻略の舞台裏「彼のベストピッチだからこそ」

タグ: , , , 2024/6/22

メッツ打線に捕まり、10失点と炎上した今永。(C)Getty Images

 自信のあったボールを“狙われた”。カブスの今永昇太である。

 現地時間6月21日に本拠地で行われたメッツ戦で先発登板した今永。「前回も序盤はちょっとストレートの球速を落として、前回の最後の7回に93マイル(約150キロ)とか、最初は落としめで徐々に上げていくというプランニングだった」と言うが、左腕は初回から、そのストレートを捉えられた。

【動画】今永メジャーワースト、痛恨の3本目となる本塁打を許し、思わず首をふる





 初回に無死一、二塁のピンチを招くと、92マイル(約148キロ)の4シームをメジャー通算323本のJD・マルティネスに3ラン本塁打を打たれて先制点を献上。さらに2回にはフランシスコ・アルバレスにも89.5マイル(約144キロ)の直球をバックスクリーン左に運ばれると、同回一死から2番のブランドン・ニモにも直球を捉えられた。

 メジャーでは自己ワーストとなる3被弾を含む被安打11と打ち込まれた今永は10失点で、3回0/3での降板を余儀なくされた。

 今年5月1日の初対戦では7回無失点、ヒットわずか3本に抑え込まれ、手も足も出なかった。そんな難敵となった今永に対するメッツ打線の狙いは明確だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧