正念場を迎えた今永昇太「ゾーン外の球を追わなければ打てる」と分析された左腕は苦境を乗り越えられるか

タグ: , , , 2024/6/24

フォーシームを狙い撃ちされた今永。次戦ではいかに修正してくるか(C)Getty Images

 カブスの今永昇太は現地6月21日(日本時間22日)、本拠地でのメッツ戦で先発するも、4回途中まで被安打11、10失点と今季ワーストの内容でマウンドを降りた。

【動画】今永メジャーワースト、痛恨の3本目となる本塁打を許し、思わず首をふる





 初回、アウトが取れないままランナーを溜め、いきなりJ.D.マルティネスに3点本塁打を打たれ、2回までで計3被弾、3回を終えた時点ですでに7失点。メッツ打線に毎回打ち込まれる展開が繰り広げられ、それまでリーグトップクラスのスタッツを残しパフォーマンスが称賛されていたルーキーは、自身2度目となるメッツ戦での登板でメジャーの厳しさを噛みしめる結果となった。

 そして米国内からはこの日の今永の結果について、今後のピッチングに影響を及ぼすとの考察も伝えられている。スポーツサイト『YARDBARKER』では現地時間6月22日(同23日)、今永のメッツ戦のピッチングを取り上げており「カブスのスター投手にとって、厳しい試合は不安の前兆となる可能性がある」と見解を示している。

 同メディアは、これまでの今永の投球の特徴を「平均以下の球速のフォーシームを、ゾーン外の球で打者をスイングさせることに長けている」などと評した上で、「メッツは、5月1日のイマナガとの初対戦で7回をわずか3安打に抑えられたが、今回は騙されなかった」と指摘。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧