「今後のポイントは・・」SB田上奏大投手、今後の活躍のポイントを攝津正氏が語る

タグ: , , , , 2022/4/19

 12日に行われたロッテ戦でソフトバンクの田上奏大投手(19)がプロ初登板初先発を見事に投げ切った。初回では、自己最速記録を1キロ更新する155キロをマーク。プロ初登板ながら硬さのない堂々としたピッチングで6回途中2安打無失点と好投。このプロ初登板を「活躍すると思っていた」と以前から注目していたソフトバンクで開幕投手を務め、沢村賞投手でもある攝津正氏が解説した。

【動画】攝津正氏が語る、田上奏大初先発の感想!全てにおいて完成度が高い!
・今すぐ読みたい→
巨人・中田 打率1割台に低迷 「重症」と球界大物OBが指摘する「あのポイント」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-stand-on-the-edge-03/



球場をどよめかせた球速について攝津氏は「地方球場のスピードガンは角度でも変わるのであまり当てにならない」と自身の経験を基に言及していたが、田上投手のピッチングに関しては非常に高く評価した。

まず一つ目のポイントは高校3年時に投手に転向という点で「少ししか経ってないにも関わらず堂々としたピッチングをしていた」と話しており、コントロールについても、「インコースにしっかり投げられるので全体的に完成度が高い」と気持ちの良い投げっぷりについて言及していた。

また、今後の見通しとして「千賀投手のようなエースになるだろう」とチームの絶対エースとして知られる千賀投手の名をあげるなど、かなり期待している様子を示した。





一方で今後の課題としては三振が少ない点を挙げ、変化球などの持ち球も増やした方が良いと話した。
今回投げた場所は地方球場だったが、投げやすいドームの試合ではもっと良いピッチングを見せてくれるのではないかと期待を膨らませていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧