佐々木朗希とカーショーの共通点 パーフェクトゲーム目前で降板した両腕が記録よりも優先したものとは

タグ: , , , 2022/4/18

 ロッテ・佐々木朗希投手の快進撃が止まらない。10日のオリックス戦で28年ぶり16人目のパーフェクトゲームを達成すると、中6日で臨んだ17日の日本ハム戦でも8回終了時点で完全投球。球数が102球に達しており、首脳陣の判断で9回からは救援投手にマウンドを譲ったが、圧巻のパフォーマンスを2試合続けて発揮した。

・今すぐ読みたい→
巨人・坂本 コンバートの「現実味」有力OBも心配する「あの理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hayatosakamoto-anxiety-factor-05/



 完全試合とした前回登板が105球だったのに対し、少ない球数で快挙を前にしての降板。井口監督は「できれば最後まで、我々もファンの方も見たいと思ったでしょうが、先々を考えるとあそこが限界かなと思いました」と試合後に説明した。8回は3者連続三振に斬っていたが、2死から野村に右翼線へ際どいファウルを打たれるなど、危ないシーンもあった。「7回終わった時点でちょっとへばりつつあった」と記録だけを追うことはせず、冷静な判断を下した。

 佐々木自身も「途中、疲れているところがあった」と認め、「試合中にもコーチと話し合いながら、納得する形で降りました」と決断を尊重し、9回以降は笑顔でベンチから声援を送っていた。

 似たようなシーンがつい先日、メジャーリーグでもあった。

 ドジャースのクレイトン・カーショー投手が14日のツインズ戦に先発し、7回終了時点で完全投球ながら80球で降板した。

 これには米メディアでも物議を醸したが、カーショーは降板後に「100球を投げることはないと分かっていた。正しい決断だったと思うよ」と明かした。34歳のベテランは昨季は左前腕部を痛めた影響で22試合で10勝にとどまり、ポストシーズンではマウンドに立つことはできなかった。サイ・ヤング賞3度と現役では抜群の実績を誇る左腕だが、寄る年波には勝てない。今季は前年までの約半額となる年俸1700万ドル(約21億円)の1年契約でドジャースに残留。このオフには3カ月以上に及んだロックアウトがあり、キャンプが短縮され、万全の調整を積むことができなかったという事情もあった。





 基本年俸が大幅に削減されたカーショーは、上下幅の大きい出来高契約を結んでもいた。最高で500万ドル(約6億円)に達する出来高の内訳は、先発登板試合数に応じて100万ドルずつ加算され、16試合を始め20、22、24、26試合をクリアするごとに加わっていく。メジャーリーグでは年間通して先発ローテーションで回れば32試合に先発する計算で、健康でさえいれば十分にクリアできる基準だ。

 「ファンの方たちには申し訳なくも思う。でも私は昨年、10月の野球をプレーできずに終わってしまった。全ての決断は10月の野球のためなんだ」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧