白鳥大珠が皇治の「モテてしゃーない」発言を一蹴!彼は「モテを演じているだけ」

タグ: , , , , , 2021/6/18

 今月27日に開催される格闘技イベント「RIZIN.29」にて、ワンナイトトーナメントへ出場する白鳥大珠が16日、所属するTEPPEN GYMで公開練習を行った。

練習後、本誌独占インタビューに応じた白鳥。今回のトーナメントに対する思いや意気込み、さらにはこのトーナメントの提案者・皇治への「ある思い」について語ってくれた。

・今すぐ読みたい→
「天が二物を与えた」格闘家 キックボクシング 白鳥大珠特集 https://cocokara-next.com/feature_archive/taijushiratori-feature/

自分が強くなればいいだけ。相手に合わせる必要はない


普段は立ち技打撃格闘技団体「RISE」をホームグラウンドとして戦う白鳥にとって「RIZIN」への出場は2019年大晦日ぶり。久々となる「RIZIN」出場について、

「今回のトーナメントは決勝までいくとメインカードで戦うことができる。久々に『RIZIN』の舞台で盛り上げることが出来て嬉しい気持ち」と語る。

今回白鳥が出場するワンナイトトーナメントは、皇治の提案により、(皇治含めた)計4選手が集まり実現されるもの。

兼ねてより皇治との対戦を熱望していた白鳥は、今回のトーナメントについてこう思いを明かす。

「正直、皇治選手と僕のワンマッチでいいじゃんと思いました。皇治選手は『俺に文句がある奴を集めたトーナメント』と言っていましたが、今回の参加者で色々言っていたのは僕だけですからね。梅野(源治)選手に関しても元々何か言っていた訳でもなく、髙橋(亮)選手も、ポッと出てきた感じなので。だから、体重も(皇治に)合わせてやるから、ワンマッチでいいじゃんという感じでした」

先日行われたトーナメント組み合わせ抽選の結果、白鳥が1回戦で戦う相手は髙橋に決定。皇治と対戦するためには、まずはこの戦いに勝利し決勝に勝ち上がることが絶対条件となるが、これについて白鳥は

「髙橋選手に関してはちょいちょい対策をしています。決して弱い選手ではないですが、普通にやれば問題なく勝てる」とコメント。





今回1日でトーナメント全試合が消化されるため、決勝に進出する場合、既に対戦が決まっている髙橋含め全3人分の対策を考える必要があるが、そこに対して白鳥は特に意識をしてはいないという。

「そこまであれこれ考えていないですね。自分が強くなればいいだけなので、相手に合わせる必要はない。練習量をいつも以上に上げたくらいで、特別なことはこれといってしていないです」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧