勝田貴元が母国ラリーで3位表彰台!日本人WRC優勝は時間の問題か

タグ: , , , 2022/11/14

ゴールポディウムで祝福される勝田貴元(トヨタ自動車提供)

 モータースポーツの世界ラリー選手権(WRC)最終戦ラリージャパンが11月10~13日、愛知、岐阜の両県の公道などを使って開催され、トヨタの勝田貴元が母国ラリーで3位表彰台を獲得した。トヨタ、ヒョンデ、フォードの3メーカーで争われる最高峰カテゴリーにフル参戦して今季で2年目。自身初表彰台となる2位を昨年のサファリラリー(ケニア)で記録し、今年も2年連続表彰台の3位をマーク。通算では今回が3度目のトップ3フィニッシュとなる。

【関連記事】角田裕毅が来季もアルファタウリに残留 日本人F1選手に立ちはだかる3年目の壁を突破






 日本人でWRCの総合表彰台に立ったのは2人しかいない。もう1人は1991、92年のアイボリーコーストラリーを連覇し、1994年のサファリラリーで2位に入った篠塚建次郎(三菱)。のちにWRCと異なるラリーレイド競技のダカールラリーで日本人初勝利を挙げたことでも知られ、「ミスターパリダカ」とも呼ばれているレジェンドだ。

 1995年にサファリラリーで藤本吉郎が優勝し、1996年に神岡政夫が英国のRACラリーで2位を記録しているが、その時の大会はWRCとして開催されておらず、日本人のWRC記録にはカウントされていない。ちなみに篠塚、勝田とも過去の大会で表彰台を射止めたのはアフリカで開催されたラリーイベント。アフリカ以外の地で日本人がWRCの表彰台に立ったのは今回が初めてで、ターマック(舗装路)でのトップ3も初めてとなる。

「母国開催のラリーで表彰台に立つことができて、本当に特別な気持ちです。チーム、そしてステージやロードセクションなど、あらゆるところで応援してくれた多くのファンの皆さんに心から感謝します」。トヨタのトップワークス3人はいずれもパンクなどで後退しており、サテライトチームに所属する勝田がトヨタ勢の最上位に食い下がった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧