【WRC】日本人27年ぶりの表彰台!トヨタ・勝田貴元の異色の経歴とは?

タグ: , , , , 2021/6/28

 日本人としては実に27年ぶりだ。6月27日にゴールを迎えた世界ラリー選手権(WRC)第6戦サファリラリー(ケニア)で、トヨタの勝田貴元(28)が自身初表彰台の2位を獲得した。

表彰台で喜ぶ勝田貴元(左から2人目)。日本人27年ぶりの快挙だ(トヨタ自動車提供)

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/



 日本人が表彰台フィニッシュを決めたのは1994年のサファリで2位となった篠塚建次郎(当時三菱)以来、史上4度目。それまでの2度とも篠塚で、91、92年のアイボリーコーストラリー(コートジボワール)を連覇で飾った。勝田は篠塚に続く日本人2人目の快挙を成し遂げたことになる。

 「非常にタフな週末で、本当にいろいろなことが起きて簡単ではなかった。最後までいいところで闘うことができて最終的に2位でフィニッシュできたが、まだまだ改善するところがたくさんある。もう一歩上へいけるように頑張ります」。チームの公式ツイッターを通じて熱戦を振り返った。ちなみにトップカテゴリーのワールドラリーカーを操った日本人としては初の表彰台だ。

 最終日で追い風が吹いた。首位を守っていたヒュンダイのティエリー・ヌービルが右リアサスペンションを壊して最初のスペシャルステージ後にリタイアを選択。それまで2位につけていた勝田が逆転トップに立った。が、最終的にチームメートのエース、セバスチャン・オジエ(フランス)にかわされて初表彰台初優勝は果たせなかった。





 大健闘の2位にトヨタの『首領』もすぐに反応した。トヨタのチームオーナーも務めるトヨタ自動車の豊田章男社長が祝福のメッセージを発表。「タカ! 本当にすごい! 少し悔しいけど、すごくうれしい! あのセブ(オジエ)をリードして最終日を迎え、そのままずっと優勝を争って2位表彰台! 震えるほど感動しました」とたたえた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧