巨人・梶谷 一軍復帰間近 超スローペース調整に「居場所ある?」の声も

タグ: , , 2021/9/25

 失われた信頼は回復できるか。復帰が遅れていた巨人・梶谷隆幸外野手(33)が25日のイースタン・DeNA戦(横須賀)で実戦復帰する見込みとなった。

 梶谷は7月10日の阪神戦(甲子園)で右手甲に死球を受けて、その後、右第3中手骨骨幹部骨折と診断を受けて、リハビリを続けていた。順調な復帰ロードを歩んでいたかのように見えたが、暗雲が漂ってきたのは、その後のこと。今月7日のイースタン・日本ハム戦で実戦復帰予定だったが、腰痛の影響で見送られ、その後もリハビリ班の一員として時を過ごし、結果として当初の予定より3週間も遅れての実戦復帰となったのだ。

・今すぐ読みたい→
巨人・梶谷 年俸2億円男に「スペランカー体質」を心配する声 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/takayukikajitani-spelunker/


●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 この「超スローペース調整」にはネット上でも「ちょっと遅すぎる」「もうCS要員でいい」「死球骨折のリハビリまではしょうがないが、復帰間近の腰痛で今更感がどうしても拭いきれない」など辛らつな声が上がっている。

チームはここにきて盛り返しているが、9月はここまで20試合を戦い、6勝9敗5分けと苦戦(24日現在)。丸、岡本といった中軸の不振なども響き打線の形成に首脳陣も頭を悩ませていた。

 「本来ならばチームが1番苦しかった9月上旬に戻って、不調の丸に代わって梶谷が活躍できれば、完全に『救世主』だった。ただここにきて、丸や中田にも当たりが出始めている。外野手には育成出身で足もある松原、守備もいい新外国人のハイネマンもいる。戻ってきたら、当然層は厚くなるが、スタメンが確約される状況にないのではないか」(球界OB)





 FAでDeNAから移籍。今季が4年8億円(年俸は推定)と超大型契約の1年目となる。復帰が遅れれば遅れるほど、梶谷を取り巻く環境は厳しさを増す一方だという。それは指揮官・原監督との関係性にも影響を及ぼすと見られる。

「どの監督にもいえるが、原監督は、特に選手に体の強さを求める傾向がある。有名なのは、昨季、日本シリーズ直前に二軍戦で不運なケガをしてシリーズ絶望となった捕手の小林に対し『職場放棄』と厳しい言葉を投げかけたことも話題となった。小林の場合はプレー中のケガで仕方のない面もあったのですが、それであの言葉ですから。梶谷の場合はこれからよほど結果を残さないと厳しいでしょうね」(同)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧