巨人激震!原監督退任でチーム解体へ 注目集める「選手の名前」

タグ: , , , , , 2023/10/4

丸はFA移籍後、リーグ連覇を達成した(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 去就が注目されていた巨人原辰徳監督が今季限りで退任することがわかった。10月4日付の新聞各紙が一斉に報じている。

【関連記事】巨人新政権の顔ぶれは?ささやかれる「意外なキーマン」とは





 昨年は4位に終わり、V奪回を掲げて臨んだシーズンだったが、特に8月、9月と大事な終盤の戦いで結果を残せず。優勝した阪神には8月に東京ドームで3連敗、9月に甲子園で3連敗を喫し、眼前で胴上げを見せられるなど、チームとしての実力差を見せつけられた。

 巨人監督史上、同一監督による2年連続Bクラスは球団史上初の屈辱となり、原監督は来季までの3年契約だったが、責任を取る形となった。後任には、現役時代から薫陶を受けてきた愛弟子の阿部慎之助ヘッド兼バッテリーコーチの昇格が有力視されている。

 一方、原監督の退任に伴って、チームにも大きくメスが入れられそうだ。2年連続Bクラスとチーム浮上が果たせなかった事実は大きい。機能できなかったポジションに厳しい目が向けられることは必須となった。

 丸佳浩は「優勝請負人」として2018年オフにFAで広島から巨人に移籍。原監督の現役時代の背番号「8」を引き継いで、移籍初年度の19年から2年連続でリーグ制覇を果たしたチームを支えた。一方、今季は夏場に不振のため二軍落ちするなど精彩を欠いた。今シーズンは120試合に出場し、打率・244、18本塁打、47打点。今季は5年契約の最終年を迎えており、果たして契約継続となるかが注目を集めそうだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧