もう大丈夫!阪神の連敗ストップに光ったサトテルの「献身プレー」と岡田監督の「妙手」

タグ: , , , , 2024/6/8

守備シーンも注目された(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 まさに救世主だ。

 阪神は6月7日の西武戦(甲子園)に5-1と勝利。連敗を3で止めた。

【動画】近本も4番として初打点をあげ、チームをけん引!





 試合前から期待が高まったのは佐藤輝明の昇格だ。5月中旬にファーム降格となって以来、チームも深刻な得点力不足に悩まされたとあって、救世主の役割が期待された。

 その佐藤が躍動した。「5番・三塁」で先発出場、昇格後、初打席となった2回は先頭打者として中前打をマーク。塁に出ると何としても連敗を止めたい、気合を感じさせたのはその後のプレーにもあった。

 一死二、三塁となって木浪聖也は一ゴロ。三走の佐藤が果敢に本塁へ走ると、一塁を守る中村剛也が打球をファンブル、ヘッドスライディングで先制のホームを陥れた。ユニホームは黒く染まり、帰ってきた若虎の懸命プレーに声援が鳴りやまなかった。

 5回1死も右前打でマルチ安打をマーク。さらに課題とされた守備でもはつらつとしたプレーを見せ、チームを盛り立てた。

 つながらなかった打線も息を吹き返した。4回に前川右京の適時打、6回には近本光司の4番に入ってから初の適時打も飛び出し、西武を押し切った。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧