ヤクルト、リーグ3連覇の「死角」 球界OBから指摘された、テコ入れが必要な「選手の名前」

タグ: , , , , , 2022/12/21

(C)Getty Images

 2022年のペナントレースを制し、セ・リーグ連覇を果たしたヤクルトは、来季へ向け鋭気を養うべく、充実のオフを送っている。

 契約更改の話題では、村上宗隆が3年総額18億円という大型契約を結び、将来のMLB挑戦も認められ、大きな関心を集めた。また、チームも12月19日にハワイでの優勝旅行から帰国し、今後は自主トレや来年のキャンプなど、新たな戦いへと向かう。

【関連記事】「2022巨人打線の最大の失敗は・・・」身内も認めた致命的な「欠陥」とは






 球団史上初のリーグ3連覇を目指す来季は、他の5球団からのマークもこれまで以上に厳しくなることが予想されるが、戦力面やベンチワークなども含め、優位に立つことは間違いないだろう。高津臣吾監督が就任以降、多くの若手が伸びてきており、今季も21歳の長岡秀樹がレギュラーを掴んだ。他にも内山壮真や濱田太貴なども才能の片鱗をみせており、来季の一軍定着が期待されていることからも、選手層はさらに厚みを増しそうだ。

 その一方で、これまでチームの顔として活躍をみせてきたものの、シーズンを通して不振に喘いだ大物プレーヤーもいる。過去、トリプルスリー(3割30本30盗塁)を3度達成した山田哲人だ。今季は序盤から深刻な打撃不振に陥り、最後まで安定したパフォーマンスを取り戻すことが出来なかった。打撃成績も・243、23本塁打、65打点と何れも前年を下回り、盗塁数もわずか10個にとどまっている。

 苦しみながらも、今季もチームのキャプテンを務めた山田は、優勝決定直後にはグラウンドで号泣し、チームメイトと抱き合うシーンもみられた。かつての輝きを取り戻すことを多くのファンが望んでいる中、球界OBも今季の山田の成績を振り返りながら、奮起を促すコメントを発している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧