阪神13年ぶり首位ターンも・・・過去3度すべて巨人に逆転優勝をさらわれている不吉データ

タグ: , , , 2021/7/15

 プロ野球はシーズン前半戦が終了し、セ・リーグは阪神、パ・リーグはオリックスが首位ターンを決めた。関西を本拠地にしている球団が両リーグそろって球宴前首位を確定させたのは、1972年(昭和47年)の阪神と阪急以来49年ぶりとなった。

・今すぐ読みたい→
阪神のルーキー・佐藤輝の三振の多さは大物の証? 目指すのはあの長距離砲 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/teruakisato-number-of-strikeouts/



 日本シリーズの関西対決となると、東京五輪が開催された1964年(昭和39年)の阪神対南海までさかのぼる(結果は4勝3敗で南海V)。2度目の東京五輪が予定されている今年は、くしくもそれ以来の日本シリーズ「関西ダービー」が実現する可能性がある。歴史の後押しも感じられるだけに、両球団ファンは大いに盛り上がっている。

 阪神の首位ターンは過去8度あり、うち優勝3度でV確率は38%。2000年以降では03、05年が最終順位も優勝、08年が2位だった。阪神1位、巨人2位で前半戦終了は72年、76年、08年に次いで4度目だが、過去3度すべて前半戦2位の巨人に逆転優勝をさらわれているのは、なんとも不吉なデータだ。





 今季の阪神は4月上旬から首位を1度も譲っていない。躍進の原動力は大当たりのルーキーたち。ドラフト1位佐藤輝は新人左打者の最多記録20本塁打に早くも到達。遊撃の中野、左腕の伊藤も活躍し、戦力に厚みが増してチームが活性化した。気になるのは交流戦後の失速で、2位巨人と2差、3位ヤクルトと4.5差と余裕はない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧