ネクスト天心・田丸辰がトーナメントへ意気込み「53kg級を創り上げてきた覚悟はある」vs天心も熱望

タグ: , , , , 2021/5/17

 7月18日より開幕する立ち技格闘技イベントRISEの「RISE DEAD OR ALIVE -53kgトーナメント」の組み合わせ抽選会が17日、都内で行われた。

同級国内トップクラスの選手が集う今トーナメントには、この階級初代王者の田丸辰も参戦。

その田丸にトーナメント出場の意気込みやその先の展望について、本誌独占でインタビューした。

・今すぐ読みたい→
【RISE】ネクスト天心こと田丸辰がRISEエキシ2試合を語る「自分とそこまで差はない」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tokitamaru-talks-about-exhibition/

「進化した姿を見せられるかな」


昨年末に左手拳の手術を受けた田丸にとって、今回のトーナメントは怪我からの復帰戦となる。

復帰戦でいきなりの大舞台そして強豪揃いのなかで戦うこととなるが、そこに対する不安はないのだろうか。

「不安は特にないですね。拳もだいぶ良くなってきていますし、体づくりや新しいことも取り入れている。進化した姿を見せられるかなと思います。」

今回の顔ぶれを見ても、志朗や江幡睦などRISE53kg級の層は厚くなってきているが、これに対し田丸は

「特に気にしていないですね。強い選手が集まってくるというのは聞いていたので。今回のトーナメントも相手が誰であろうと気にしてはいないです。」

と、コメント。

そんな中、17日に行われたトーナメントの結果、初戦の相手は政所仁に決定。政所は前日の16日に行われた溜田蒼馬との一戦に勝利し、トーナメント最後の1枠を勝ち取った、勢いのある選手だ。

その一戦を、ABEMAの解説として見ていた田丸は、最後の1枠に政所が上がってくるだろうと予想していたという。





両者が過去一度対戦した際には田丸が5R判定勝ちをおさめているが、その時と今回の政所の印象について田丸は

「そこまで印象は変わっていないのかなと思います。
昔から強い選手ですし、それをわかった上で以前も対戦したので、そこは今回の試合を見て大きくイメージが変わったということはなかったです。」と前回同様に政所への勝利を意気込んだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧