巨人・菅野は直球恐怖症? 指揮官が指摘した致命的な「欠点」とは

タグ: , , , , 2022/12/16

(C)Getty Images

 今季4位と5年ぶりのBクラスに沈んだ巨人でV奪回のキーマンとして坂本勇人内野手(34)と菅野智之投手(33)の名前が挙がっている。

 原監督は巨人の大久保博元打撃チーフコーチの公式YouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」で8日までに更新された動画内で、大久保コーチ、野球評論家の江本孟紀氏と今季を振り返った。

【関連記事】原巨人 右翼に丸コンバートの「副作用」 チーム構想への「不安材料」とは






 まず江本氏から今季の不振の原因を問われると、「主力組、給料の高い人たちが思った働きができなかった」とバッサリ。シーズン当初は若い力の活躍もあり、首位を独走した時期もあったが、大事なシーズン終盤の追い上げの時期に主力がうまく機能せず、ヤクルトに2年連続の優勝を許す結果になったと認めた。

 その上でV奪回の条件には「来季は今までチームを引っ張ってきた菅野であり、勇人(坂本)であり、この2人が先頭切ってやれるか」と2人をキーマンに指名。

 坂本に関しては打撃の指標数値がのきなみ落ちていることを踏まえ、振り込みを指示したという。さらに菅野に関しては「まっすぐを投げるのを怖がっているような状況では。ジャイアンツのエースを背負って立つのは難しい」とずばり直言する場面があった。キレのある直球があってこそ、持ち味のフォーク、スライダーも生きてくると続けた。

 実際にここ数年の菅野の投球に関しては評論家陣の間からも「変化球投手になってきている」「もう少し直球の割合を増やしたほうがいい」という指摘が挙がっていた。

 「右の本格派といわれキレのある直球を主体に多彩な変化球を操れるのが菅野の持ち味だったが、度重なる故障の影響もあってか、かわすようなピッチングも目立つようになってきています。来季はそのあたりをどう改善していくかも注目を集めそうです」(放送関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧