「先発で十分戦える」投手転向2シーズン目の中日・根尾昂を球界OBが絶賛!さらなる開花の為には「ナルシストでいい」と見解も

タグ: , , , 2023/1/8

 今オフ、大型トレードを相次いで行ない、注目を集めている中日立浪和義新体制となった昨年もグラウンド内外でのさまざまな話題により球界を賑わせた。その中でも特にファンの関心を集めたのが根尾昂のピッチャー転向だった。2018年のドラフト1位であり、野手としての開花が待たれていた若武者のプロ4年目での突然の転向には球界全体が騒然となり、指揮官の決断が物議を醸すこととなった。

 昨季、シーズン途中よりマウンドに登り投打での出場を続け、先発登板も果たした。今季は初めて「投手・根尾」としてキャンプから挑む最初のシーズンとなる。投手としての適性など、半信半疑の視線も集中することが予想されるものの、やはりその素質への期待も高まっている。そして、プレーヤーとして大きな転機を経験した根尾には多くのファンとともに、投手出身の球界OBも力強いエールを送っている。

【関連記事】「ハマれば大きい」原巨人 開幕予想オーダー 鍵を握るのはあの助っ人外野手?





「マウンドさばきを見た時に、『ピッチャーセンス持ってる』と率直に思いました」

 そう語っているのは、現役時、日本ハムで通算63勝を挙げ、現在は解説者として活動する岩本勉氏だ。元同僚の片岡篤史・中日二軍監督の『片岡篤史チャンネル』で根尾の投手としての印象をそう述べている他、元投手らしい独自のコメントも聞かれた。

 1月3日に配信となった「根尾昂の投手転向に絶賛!岩本が絶賛する理由は『性格‼︎』ただ、懸念点もある?」の中で岩本氏は、根尾の投球動作時におけるテイクバックの右手の動きや位置を「佐々木朗希と同じなんですけど」と指摘し、その上で「身体の側面に一度、降ろすという動作が『ザ・ピッチャー』なんですよ」と絶賛した。

 加えて、投球フォームに関しても「(元々の)ピッチングフォームを持っている選手だと思った」と振り返っており、投手としての適性を備えていると熱弁。

 さらに、片岡二軍監督より、先発、リリーフなどの起用法を問われた際には「変化球で緩いカーブとチェンジアップを持っているならば先発で十分戦える」と分析し、ここでも投手としてのスキルを称えている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧