「ジョン・ジョーンズの想像を超える戦いぶりに期待。相当ハイレベルな戦いになることは間違いない」髙阪剛が『UFC247』の展望を語る

タグ: , , 2020/2/6

 日本時間の2月9日、アメリカ・テキサス州ヒューストンのトヨタ・センターで『UFC247』が開催される。

ジョン・ジョーンズ/Getty Images

メインイベントは王者ジョン・ジョーンズがMMA12戦全勝のドミニク・レイエスを迎え撃つ、ライトヘビー級タイトルマッチ。さらにヴァレンティーナ・シェフチェンコvsケイトリン・チョケイジアンの女子フライ級タイトルマッチも組まれている。

この2試合の見どころを、「世界のTK」こと髙阪剛に語ってもらった。

・今すぐ読みたい→
「同じ怪我をした人に勇気を」前十字靭帯断裂からリハビリ中の堀口恭司、さらに進化して9月の復帰を目指す(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-48/)


——『UFC247』のメインは、ジョン・ジョーンズ(以下、JJ)がドミニク・レイエスの挑戦を受けるライトヘビー級タイトル戦が組まれましたね。
「最強王者JJに、MMA無敗のレイエスが挑戦する頂上対決ですから、これは本当に楽しみです。」

――JJはUFCのパウンド・フォー・パウンドランキング1位と、まさに「最強の中の最強」ではありますが、18年12月に復帰以降の戦いぶりに「ちょっと物足りない」との声も一部であります。髙阪さんはどう感じていますか?
「たしかに、以前のように超アグレッシブに攻めるシーンは少なくなっていますね。大人の戦いをするようになったというか。ただ、要はポテンシャルがそもそも高いので、相手の攻撃を流しながら自分の距離やタイミングでしか攻撃を出さない、という戦い方をしても、そこまで攻め込まれることがないと思うんです。」

――やや安全策をとっても、しっかり勝つことができている、と。
「例えば、アグレッシブに攻めることを信条としていた選手が、『ちょっと俺は戦い方を変えた方がいいんじゃないかな?』と思って、ややディフェンシブな戦い方に変えると、大概やられるものなんですよ。でも、JJはそうなっていないということは、より無駄のない攻めができるようになっている。だから競技者目線からすると納得できるんです。それが昔のJJらしくないと言えば、そうなんですが(笑)。」

――簡単に言えば、かつてのような「圧勝」が少なくなったのは、力が落ちたわけではなく、より隙がなくなったと。
「例えば、前回のティアゴ・サントス戦(19年7月『UFC239』)では、関節蹴り、サイドキックを頻繁に使っていたのも、ティアゴが途中で足を痛めたのを察して、そこを重点的に攻めることで確実に勝利をもぎ取った。そこで闇雲にKO狙いで前に出てカウンターをもらうリスクを回避しているんです。」

――アグレッシブに攻めてくれれば隙もできますが、そうじゃないということは、対戦相手にとっては、より厄介な存在になったのではないでしょうか?
「そうですね。そもそもあれだけリーチが長くて、攻撃の技も多彩で、隙を見せない。相手からしたら『俺は何をやればいいんだ?』ってなりますよ。そういう戦いをJJ本人が極めようとしていて、なおかつ結果を出し続けているので、誰もそれを否定することはできない状況だと思います。」

――JJは本格的に生涯無敗で現役を終えようと考えているのかもしれませんね。
「まだ若いですが、このままいくとそうなる可能性は高いですね。」

――そんな厄介な強豪JJを、ドミニク・レイエスはどう攻略すると推測されますか?
「レイエスはずっと負け知らずできて、しかも上り調子ですから。心身共にすべてのバランスが取れている状態だと思うので、JJのスタイルを『厄介だな』とは考えず、しっかり自分の戦いができると思うんです。具体的な動きで言うと、クリス・ワイドマンやオヴィンス・サンプルーとやった試合では、バックステップをしながら後ろ手の左ストレートでダウンを奪っていたり。」

ドミニク・レイエス/Getty Images

——ワイドマン戦のフィニッシュブローもそれでした。
「ライトヘビー級という身体で、バックステップやサイドステップをしながら、しっかり拳に体重を乗せるっていうのは、じつは相当大変なことなんです。軽く打っても相手は倒れてくれないので。それがワイドマンはあんな倒れ方をしたわけですから余程、拳に体重が乗ってないとああいうことにはならない。あれができるというのは、体幹の強さや当てる感覚がしっかりしていて、なおかつ力みなく自信を持って、打ち抜いているからこそだと思うんです。」

――体幹や当て勘、技術が揃っていて、なおかつ最高のタイミングでパンチを放つことができている、と。
「身体が勝手に反応して動いてくれている状態だと思いますね。だから、それをJJ相手にできるかどうか。しっかり顔面を打ち抜かないとJJは倒れてくれないと思うので、レイエスは得意の左ストレートを当てるために、どこで何をするかが、ひとつのポイントになると思います。」

――カウンターを入れるために、JJをいかに前に出させるかもポイントになりますか?
「そうとも言えます。レイエスは自分から打撃を当てにいくと思いますが、ただ前に出てパンチを出していっても、それがJJに当たるかといえば、それはあまり想像できない。だとすると、先に仕掛けるのはレイエスだとして、JJが放つカウンターの打撃をさらにカウンターで返すということができれば、倒すチャンスがくる。そこだと思いますね。」

――カウンターの取り合いになるんじゃないかと。
「JJはそういうリスクを負わないためにスタイルを変えているので、なかなかその術中にハマることはないと思いますけど。体幹が強くて神経が研ぎ澄まされた状態のレイエスなら、JJが『いける』と思った瞬間に、冷静に切り返して得意の左ストレートを入れることができるかもしれない。そうなると面白いことになりますね。」

――無敵のJJが倒れるシーンが見られるかもしれないと。
「そうですね。ただ個人的には、JJがその想像を超えるような戦いをして、驚かせてくれることも期待しています(笑)。いずれにしても、相当ハイレベルな戦いになることは間違いないですよ。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧