「真のヘビー級最強を決める戦いの始まり」髙阪剛が『UFC265』の見どころを語る

タグ: , , , , 2021/8/4

 日本時間の8月8日(日)、アメリカ・テキサス州ヒューストンのトヨタセンターで「UFC265」が開催される。メインイベントは、ヘビー級暫定王者決定戦のデリック・ルイスvsシリル・ガーヌ。

この一戦の見どころを、「世界のTK」高阪剛に語ってもらった。

(写真左より)デリック・ルイス、シリル・ガーヌ/Getty Images





・今すぐ読みたい→
【RIZIN】堀口恭司が朝倉未来の「タップ問題」についてコメント・・・愛犬ロイとの近況も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-67/

デリック・ルイス/GettyImages


――「UFC265」のメインイベントは、デリック・ルイスvsシリル・ガーヌのヘビー級暫定王座決定戦となりました。この一戦、ヘビー級好きの髙阪さんの大好物じゃないですか?
「そうですね。しかも、ヘビー級の中でもとくにファンタジックなデリック・ルイスですから(笑)。」

——技術や理屈を超えた存在という(笑)。
「これだけ技術が進歩したUFCという最高峰の舞台で『1発当てれば倒せる』という試合をやってきてますからね。」

——UFC屈指のハードパンチャーで現在4連勝中。直近2試合はパンチでKO勝ちしてます。
「また意外とハンドスピードが速いんですよ。体型を見るとお腹は出てるし、全体的な動きは速いとは言えないけど、パンチ自体は速く打てる。だから相手からの見え方が、野球のチェンジアップからのストレートじゃないですけど、スローな動きからいきなり速いパンチが飛んでくるから、対応しづらいんだと思いますね。」

――速いパンチが、実際よりさらに速く見えるわけですね。
「あとは、必ず自分も(相手の打撃を)打たれるし、テイクダウンも取られるのに、後半、なんだかんだで復活してくるんですよね。」

――たしかにスタミナなさそうに見えて、逆転勝ちが多い。
「試合途中でヒザに手をついて、見るからにスタミナ切れを起こしているにもかかわらず、相手が仕留めようとして近づくと速く強いパンチが飛んでくる。スタミナ切れを『エサ』にして、隙ができた相手を逆に食ってしまうというね。それを本人が意図的にやっているのかどうかは別として、相手は一瞬気を緩めた瞬間に仕留められてるんです。」

――あのヘロヘロの姿を見たら『もう少しで倒せる!』と誰でも思いますもんね。
「それで前に出てきたら、カウンターのオーバーハンドを入れたり、前回はアッパーでカーティス・ブレイズを完全KOしてますからね。そういった打撃技術は本当に高いんですよ。」

――そしてUFCで積み重ねたKOが12回。これはUFC史上最多KO勝利記録です。
「これだけ技術体系がしっかりできているUFCにおいて、そのKO率は普通じゃないですよ。その記録だけ聞いて、『どんなすごい技術を持っている奴だ?』と思ったら、見た目は全然テクニシャンタイプじゃないっていうのが、面白いところですよね。」

――試合後、暑いからってオクタゴンの中でトランクスを脱いで、怒られちゃうような、憎めない選手です(笑)。
「『怪童』って感じですよね(笑)。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧