【UFC276】ミドル級王者アデサニヤ、5度目の防衛戦!「変幻自在vs正統派、どれだけ自分らしさが出せるかがポイント」“世界のTK”が分析!

タグ: , , , , 2022/6/30

(写真左より)イズラエル・アデサニヤ、ジャレッド・キャノニア、アレクサンダー・ヴォルカノフスキー、マックス・ホロウェイ/Getty Images

 日本時間の7月3日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT―モバイル・アリーナで『UFC276』が開催される。

 メインイベントは、王者イズラエル・アデサニヤがジャレッド・キャノニアを迎え撃つミドル級王座5度目の防衛戦。さらに王者アレクサンダー・ヴォルカノフスキーと元王者マックス・ホロウェイの3度目の対戦となるフェザー級タイトルマッチも組まれている。ここではメインのミドル級タイトルマッチの見どころを“世界のTK”髙坂剛に語ってもらった。

【関連記事】井上尚弥の肉体を「進化」させた食事・栄養改革。プロテインを使うようになった理由とその使い分けは?

イズラエル・アデサニヤ/Getty Images

――『UFC276』のメインイベントは、ミドル級の“絶対王者”と言ってもいいアデサニヤに、ミドル級随一のKOパワーを誇るキャノニアが挑戦します。この一戦を髙坂さんはどう見ていますか?
「まず自分が感じているのは、アデサニヤがここにきてさらに成長してきているなっていうことなんですよ。前回のロバート・ウィテカーとの防衛戦の映像をじっくりと観てみたんですけど、3つの大きなポイントが見つかりました」

――どんなポイントがありましたか?
「一つはフェイントの数ですね。もともとアデサニヤはスタンドでフェイントを多用する選手ですけど、ウィテカー戦ではこれまで以上に頻繁に使っていたんですね。5ラウンド通して試合映像を観ると、あたかもそれが当たり前の動きのように見えてしまったりもするんですけど、よくよく見ると、とくに前半のラウンドでは下手したら3秒に一回くらいフェイントを入れてるんです」

――そんなに頻繁でしたか。
「それを5ラウンド通してやり続けていたので、相当相手にプレッシャーを与えることを念頭に入れて戦っていたんだろうな、と。また、そもそもアデサニヤはスタンドの距離設定が遠いじゃないですか。そこからどう距離を詰めるかというと、オーソドックスの構えから歩いてサウスに変えて詰めるパターンがあるんです」

――「歩いてサウス」とはどういうことですか?
「つまり、その場で前足と後ろ足をパッと入れ替えるのではなくて、歩くように後ろ足を前に出すように構えをサウスポーに変えて、またフェイントを入れたりしてプレッシャーをかけていたんですね。で、ここからが二つ目のポイントなんですけど、その場で足を入れ替えるスイッチと、歩くようにサウスポーに構えを変えるのは、相手にとっては大きな違いがあって、いわゆる“チェンジアップ”の効果を生むんです」

――野球の球種のチェンジアップのことですか?
「そうです。野球のチェンジアップは、ストレートの速いボールと同じ腕の振りで遅い球がくるからタイミングをずらされるじゃないですか。アデサニヤは速いスイッチと、歩くように構えを変えることを併用することによって、急に速く動いたりして、相手に反応させない形で打撃を入れるということを、これまた試合を通してやっていたんです」





――5分5ラウンドの間、いろんなフェイントを多用していた、と。
「そんなことなかなかできるものじゃないんですよ。だから5ラウンド目とか、アデサニヤはタックルでテイクダウンを取られているんです。ウィテカーが頑張ったのももちろんありますけど、さすがにアデサニヤも足が疲れたんじゃないかと思うんですね。それぐらいフェイントを仕掛けて、プレッシャーをかけ続けていましたから」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧