伝統のF1モナコGPは波乱の連続 3時間の総レース時間規定が適用され、大会14年ぶりの短縮レースに

タグ: , 2022/5/30

濡れた路面を走るレッドブルのマシン((c)RedBull Content pool)

 F1第7戦モナコGPは29日に決勝が行われ、レッドブルのセルジオ・ペレス(メキシコ)が今季初勝利を挙げるとともに、モナコGP初制覇も果たした。ただし、降雨とクラッシュ劇でスタート進行が大幅に遅れ、通常は78周で行われるレースは64周で打ち切りになった。モナコGPの決勝が短縮されたのは2008年以来、14年ぶりだ。

【関連記事】巨人・中田再び「代打稼業」か 注目集める「新たな刺客」とは

 F1の決勝は305キロを超える周回で行われるのが基本だが、唯一の例外が伝統のモナコだ。規定でレース時間が2時間以内と定められており、低速の市街地サーキットを舞台とするモナコは、そのまま305キロを走った場合は時間内に終了しない恐れがあるのだ。そのためレース距離は78周の260.286キロと短い。F1ではシンガポール、アゼルバイジャンなども市街地コースだが、2時間以内に305キロを走れるとして距離は短縮されていない。

 今季のモナコGPのペレスの優勝タイムは1時間56分30秒265。実は2時間を超えていない。それでも64周で打ち切りとなったのは2時間レース規定以外に、レースが中断された場合に備えた最大総レース時間規定が定められているからだ。2021年の規則変更でそれまでの4時間から3時間に短縮された。

 今年は日本時間29日午後10時に決勝が始まる予定だったが、降雨でスタート進行が遅れ、16分遅れでセーフティーカー先導によるフォーメーションラップがスタート。ところが雨脚が弱まらず、正式なスタートに至らずに1回目の赤旗中断となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧