「夏場に〇〇できる選手が強い」日本一の投手コーチ 佐藤義則氏が語る 「夏場の乗り切り方」とは!?

タグ: , , 2022/7/8

(C)CoCoKARAnext

 6日に行われた阪神対広島の試合について、現役時代、阪急で最優秀投手をはじめ、最優秀中継ぎ投手、最多勝利、最多奪三振、ノーヒットノーラン達成など数多くのタイトルを獲得し、引退後も阪神、日本ハム、楽天などで投手コーチを歴任、ダルビッシュ有や、田中将大ら日本を代表する投手たちを育てあげ、野村克也氏や星野仙一氏に「日本一の投手コーチ」と称された佐藤義則氏が、自身でおこなっているYouTubeチャンネル「佐藤義則チャンネル」で語った。

【動画】2022年7月6日【 阪神 vs 広島 】 佐藤義則氏のワンポイント解説


 7月6日に甲子園球場で行われた、阪神対広島の試合は3-2で阪神が勝利をおさめた。

 試合は、広島が2回に阪神・中野のエラーで出塁したランナーを5番・坂倉が2ランホームランを放ち先制。対する阪神は4回、3番・近本の30試合連続となるヒットを皮切りに、佐藤輝、大山が連続出塁し満塁のチャンスで6番・北条、7番・山本の連続タイムリーで3点を奪い逆転。

 投げては、阪神・西勇が6回途中まで2安打2失点に抑え、リリーフ陣のノーヒットリレーで阪神が反撃を許さず、3-2で勝利した。

 この試合について佐藤氏は、先発した西勇の粘りの投球と、完璧にリリーフした投手陣を褒め、打撃陣にも4回の北条・山本のタイムリーから逆転した内容には、打線の繋がりにも良い兆候が見られたと振り返った。





「今日は1,2番にバントヒットはあったけど、三振やフライアウトがあった。ヒットも全体で5本しか出てないんで、もう1回1,2番が塁に出てかき回す野球をしてほしいなと思う。それくらいに近本が調子いいので、その前にランナーを出してほしい」

 と、1,2番の重要性を語るほど、今の近本は絶好調だ。打撃陣の中で、ひときわ輝きを放っている近本は、6日の試合で球団記録に並ぶ30試合連続安打を記録し、阪神打線になくてはならない存在になっている。そんな近本について佐藤氏は、

「今のスイングだったら、球に逆らわず打てているので、まだまだ伸びていくと思う。ちゃんとバットも振れているんで」と今後の快進撃に太鼓判を押した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧