大谷翔平の新武器「シンカー」はなぜ打てない?日本一の投手コーチ佐藤義則が徹底分析!

タグ: , , , , 2022/9/5

(C)CoCoKARAnext

 エンゼルスの大谷翔平は9月3日(日本時間4日)、本拠地でのアストロズ戦に先発登板。8回111球を投げて6安打1失点に抑えた。今季12勝目はならなかったものの、安定した投球でチームの勝利に貢献している。果たして、大谷のピッチングは、エキスパートの目にどう映ったのか。田中将大やダルビッシュ有を育て、「日本一の投手コーチ」と称された佐藤義則氏に、大谷の投球内容を分析してもらった。

【動画】100マイルで53センチも変化!大谷翔平の新球種「シンカー」の驚愕映像






 この日の大谷は、8回111球を投げて5奪三振1失点。6安打を許したものの、四球はなかったし、内容的に良かったと思う。試合序盤にあった抜けたボールも、イニングが進むに連れて消えていき、いつもと同じくストライクゾーンの中で勝負できていた。ボールが高めに浮く危ういケースもあったが、球に力があるのでフライアウトを取れていた。

 印象に残ったのは、59球投げたスライダーと18球投げたシンカーだ。スライダーは変化が小さいカット系を多く使っていたように見えたし、スライダーとシンカーがあることで、だいぶ投球に幅が出ていたように感じた。

 今までは外のスプリットやスライダーが多く、インコースにストレート系の速いボールを投げるケースが少なかった。しかし、シンカーを使うことで自然にインコースに投げられるようになっている。

 あれだけ曲がるスライダーがあるのに、さらに逆方向に変化するシンカーもあると、バッターはインサイドもアウトサイドも対応しなければならなくなる。シンカーを多投しなくても、何球か投げれば相手バッターは見ている。その辺を利用すれば、スライダーやカット系がまた効果的に生きてくる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧