不眠解消!暑い夜の快眠テクニック5つ

タグ: , , , 2022/8/8

 暑くて寝苦しい夜は、なかなか寝付けなかったり途中で目が覚めたりして、質のよい睡眠を得にくくなります。そんな熱帯夜でも快適に眠り、日中を元気に過ごすためのテクニックをご紹介します。

【関連記事】突然の痛みで叩き起こされる…「夜中のこむら返り」のシグナルとは





熱帯夜に試したい!快眠テクニック5つ

1.体温コントロールをする
■温かいものや辛いものを使った食事をとる
私たちのカラダは、深部体温(カラダの中心部の温度)が下がることでぐっすりと眠れるようになっています。深部体温を下げる簡単な方法は、まず体温を上げて、その後体温が低下していくのを利用すること。眠りにつく3時間くらい前に、温かいスープや、唐辛子の入った料理などを食べると効果的です。

■お風呂に入る
暑い日はつい、シャワーで済ませがちですが、湯船につかることで深部体温のコントロールにつながり、眠りにつきやすくなります。このとき、40℃以下のお湯に15~20分程度つかると、リラックス効果が得られます。
注意したいのは、入浴のタイミング。寝る直前に入浴してしまうと、なかなか深部体温が下がらず、かえって眠れなくなる場合があります。布団に入る1時間前には入浴を済ませ、ほてりを落ち着かせることが快眠のポイントです。

2.冷房と扇風機を活用する
睡眠時はカラダをあまり動かさないため、直接冷風が当たると寝冷えの原因に。冷房や扇風機を使いこなして寝苦しさをとることが大切です。
冷房の吹き出し口を水平にすると、カラダに直接冷たい風が当たらないのでカラダが冷えにくくなります。また、冷えた空気は上から下に流れていくので、ムラなく部屋の温度を下げることができます。設定温度は、26~28℃くらいに設定し、3時間ほどでオフになるタイマーを利用しましょう。

扇風機を使うときは、首ふり設定にしたうえで風を壁や天井に向けると、カラダを冷やさない程度のそよ風を感じることができます。

3.湿度コントロールをする
湿度が高いのも寝苦しさの原因の一つ。湿度が15%下がると体感温度は1℃下がるとされているため、除湿をするだけでも寝苦しさを和らげることができます。寝室内の湿度は50%~60%が理想的です。冷房のリモコンに確認できる機能があれば、チェックしてみるのもひとつの方法です。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧