自己流は逆効果?糖質「制限」ではなく「コントロール」を。「糖質コントロールダイエット」を成功させるコツ

タグ: , 2020/6/25

 ダイエットしようと思ったとき、どんなダイエット法が効果的なのかを自分なりに調べる方も多いと思います。実は、ダイエッターの約6割が糖質制限ダイエットの経験者と言われていることをご存じでしょうか?

そこで当記事では、糖質を制限するのではなく、上手にコントロールする「糖質コントロールダイエット」の方法とメリットをおさらいしてみました。また、糖質コントロールダイエットの効果が実感できない場合の対処法や、糖質コントロールダイエットのNG行為、効果を最大化するコツについてご紹介します。

・今すぐ読みたい→
まずは3キロ!2週間で確実に痩せるダイエット方法 https://cocokara-next.com/food_and_diet/surely-lose-weight-diet-method-in-two-weeks/





ダイエッターの6割が糖質制限ダイエット経験者!


さまざまなダイエット方法がありますが、せっかくやるなら効果的な方法をチョイスしたいもの。

トレンド総研と日清オイリオグループが共同で行った「糖質制限ダイエットに関する意識・実態調査」(※1)によると、「実際に糖質制限ダイエットに挑戦したことがある」と答えた人は56%にものぼり、6割近くの人が糖質制限ダイエットの経験者であることがわかりました。

しかも経験者からは「糖質制限ダイエットは、ルールを守れば効果が出やすい方法だと思う」という声が78%、「ストレスなく続けられれば効果が出やすい」と答えた人も77%となり、糖質制限ダイエットを正しく行うと効果が期待できると実感している方がとても多いことがわかります。

糖質コントロールダイエットの方法とメリットをおさらい

「糖質制限ダイエット」というと、食べるものの制限が多くて、きつそうなイメージがあるかもしれません。しかし、糖質を無理に制限するのではなく、上手にコントロールすることで、十分なダイエット効果が期待できます。

ここからは、ダイエットに有効な糖質コントロールの方法とメリットを簡単におさらいしておきましょう。

糖質コントロールダイエットとは
糖質コントロールダイエットとは、名前の通り食事の糖質量をコントロールするダイエット方法です。

糖質とは私たちの活動のエネルギー源となるもの。食事で摂取した糖質がすべてエネルギー源として使い切ることができれば問題はありませんが、必要以上に摂取しすぎると余った糖質は肝臓や筋肉にどんどん溜まり、やがて中性脂肪へと変わってしまうのです。

しかし糖質を制限すると、代わりとなるエネルギー源として、体内に蓄積された体脂肪がエネルギーとして使われるようになります。そのため糖質をコントロールすることで、脂肪がつきにくく脂肪を燃焼しやすい体になっていくことができるのです。

糖質コントロールダイエットでは、一日に摂取する糖質量を30~60g程度に抑え、タンパク質の多い食品を積極的に食べるようにして、2か月程度このコントロールを行い、少しずつ糖質の量を調整していきます。

1日に摂るべきタンパク質は、体重×1~1.5gが目安です。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧