20代から始まるたるみの原因

タグ: , 2023/11/2

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://www.meilong.jp/」

 たるみの原因は加齢だけではありません。

たるむ年齢ではないのにたるみが原因で老けて見えてませんか?若くても徐々にたるみ進行して、気づいたら頬が下がってきているそんな可能性もあります。まだ若いからと関係ないと思っていても、気になりだしたら、今のうちから対策をしていきましょう!

【関連記事】知っておきたい!血管がキレイになる食事法とは






たるみの原因は骨格のゆがみ、血行不良、脂肪の増減、筋力の低下、お肌の張りの低下などが大きく関係します。

若いうちから起きるたるみは老化ではなく生活習慣が原因の場合がほとんどです。

姿勢が悪い
姿勢の悪さでもお肌のたるみは起きます。

長時間のデスクワークやスマホの使用で、うつむいた状態が多く、猫背になっていたり、頬杖をついて過ごすなど姿勢が悪い人が多くなっています。
うつむいた状態や猫背など不良姿勢が続くと骨格が歪んでしまいます。すると重力によって不要に皮膚が引っ張られて頬やあごにたるみが生じやすくなるのです。

また、姿勢の悪さは血行不良も同時に引き起こすため、お肌への栄養が滞り、ますますたるみやすくなります。頬杖も骨格が歪み、フェイスラインのもたつきを生む原因になります。

むくみ
寝起きのむくみは体内にある余計な水分や老廃物がうまく排出されずに体にたまっている証拠。むくみやすい人は水分や老廃物の重さの影響を受けて、お肌がたるみやすくなります。

肌の乾燥によるコラーゲン生成低下
乾燥はすべての肌トラブルの原因になり得ります。

肌が乾燥すると肌に必要な水分量が保持できず、肌の張りや弾力が失われてしまします。

また、肌が簡素下状態が続くと真皮にも影響し、肌の弾力を作るコラーゲンなどの生成力も衰えてしまいます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧