「え?それも!?」意外と知られていない熱中症の初期症状とは

タグ: , 2022/8/9

 今年も本格的な夏が到来し、暑い日が続いていますよね。

そんな暑いこの時期に気をつけたいことの一つといえば、熱中症です。

例年、この熱中症によって多くの方が体調を崩しがちです。また最近は猛暑の日も増えているとあって、特に注意が必要です。

【関連記事】頭痛、めまい・・・夏場の不調の原因は食事法にあり?薬剤師が教える「夏場の食事のポイント」とは





 重症化を避けるためにも、普段から対策をすることや、熱中症に至るまでの、サインについて知識を持っておく必要があるでしょう。

今日は、福岡県みやま市工藤内科の院長・工藤孝文先生のYouTubeチャンネルより、意外と知られていない熱中症の症状についてご紹介します。

工藤先生いわく、熱中症を患った際、まずはじめに起きるのが、「めまい・立ちくらみ」だといいます。

「脱水なので、どちらかというと貧血に症状は近いかもしれません。目の前がクラっとなるような俗にいう脳貧血だったり、トイレや入浴の後に立ち上がった際に立ちくらみが起こるような、起立性低血圧など。他に筋肉痛もそうですが、そういった場合は熱中症の黄色信号だと思ってください」

とはいえ、こういった症状は、人によって普段からなりやすい、と言った場合もあり、病院にいくほどではないといったこともあるでしょう。

ですが、こういった症状を放置して熱中症時の対応をしないと、今度は頭痛や吐き気に見舞われてしまうといいます。

「これらの症状を放置すると、次にやってくるのが、意識障害です。声をかけても反応がないとか、そういったことですね。あとは痙攣も起きます。なので、

第一段階:めまい・立ちくらみ
第二段階:頭痛・吐き気
第三段階:意識障害・痙攣

これらをまず頭の中に入れておいて欲しいです」

では、実際これらの症状の中で、どの段階で病院にいったら良いのでしょうか。

「頭痛・吐き気の症状が出てきたら病院を受診して欲しいです。なぜなら、頭痛や嘔吐ともなると、なかなか食べられなくなります。なので、点滴で栄養をいれていく必要があるんです」

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧