テレワークでのイヤホン難聴にご用心

タグ: , , 2021/8/30

 コロナ禍でテレワークが浸透し、イヤホンやヘッドホンを使う機会が増えています。そこで気になるのが、耳のトラブル。ここではイヤホン難聴になる原因と対処法についてみていきます。

・今すぐ読みたい→
そのめまい、メニエルかも!?メニエル病のメカニズムとストレス https://cocokara-next.com/stress/menieres-disease-mechanisms-and-stress/

イヤホンやヘッドホンで難聴になる原因とは?


イヤホンやヘッドホンを使うことが、なぜ難聴のリスクを高めるのでしょうか。それを知るためには、耳が聞こえるしくみを理解しておく必要があります。

私たちの耳は、大きく分けると「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類されます。

音とは空気の振動です。外界からの音は空気の振動として、外耳から中耳、内耳へと伝達されます。その振動が内耳にある「蝸牛(かぎゅう)」で電気信号に変換され、神経を通って脳に伝わることで、初めて音として認識されるのです。

振動を電気信号に変換するのは、蝸牛の中にある「有毛細胞」の役割です。この有毛細胞はとてもデリケートで、大きな振動が長時間加わり続けると少しずつ壊れてしまい、聴力の低下につながります。

聞こえづらいからといって音のボリュームを上げるのは危険です。ますます耳に負担がかかり、難聴のリスクが高まります。





大音量でなくても要注意

「自分はそんなに大音量で聞いていないから大丈夫」と思う人もいるかもしれません。しかし、さほど大きくなくても、音にさらさる時間が長ければ同じことです。

WHOが示した1日に聞いていい音量と時間の目安は、ロックコンサートの会場は28秒、ジェット機の離着の音なら1分、ヘアドライヤーであれば15分です。意外と短いと驚くのではないでしょうか。

それだけ耳は繊細な器官なのです。音量と同時に時間にも配慮しないと、耳にダメージを与える原因になります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧