一緒に食べれば効率アップ!食べ合わせのよい食材5選

タグ: , , , 2022/12/26

 「食べあわせが良い」とは、複数の食材を一緒にとることで、食材のもつパワーをより引き立たせる効果があるものを言います。たとえば「焼き魚+大根おろし」の組み合わせは、大根の消化酵素の効果により、消化がよりスムーズになります。組み合わせる食材の相乗効果を知り、食材のもつ栄養を効率よくカラダにとりこみましょう。

 代表的な食べ合わせの良いものは以下のとおりです。

納豆とねぎ
 納豆は疲労回復に効果的とされるビタミンB群が豊富に含まれています。ネギに含まれるアリシンはビタミンB1の吸収率を高めてくれます。

とんかつとキャベツ
 とんかつと一緒に食べることで、キャベツが胃腸を保護し、消化・吸収も助けてくれます。キャベツに含まれるビタミンU(キャべジン)が胃酸過多によるむかつきを抑えてくれる作用があります。

豆腐とかつおぶし
 豆腐にはタンパク質・カルシウムが豊富に含まれています。かつお節に含まれるビタミンDがカルシウムの吸収率を高めます。

【関連記事】らっきょうの驚くべき効果効能





カレーとらっきょう
 らっきょうの香りに含まれる「硫化アリル」が胃を保護し、辛味を軽減したり、食欲を増進したりしてくれます。また、らっきょうと一緒に食べるなら、豚肉を使ったカレーがおすすめ。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧