更年期に起こる生理不順 3か月に1回でも問題はない?

タグ: , 2022/7/21

[文:フェムゾーンラボ(https://www.femzonelab.com/)]

 来ても来なくても、心配事になる生理ですが、だいたい初潮〜20歳くらいまでと、40歳〜閉経までは生理不順なのは普通です。

この時期は、卵巣機能が安定していないので、排卵が定期的に起こらないことが多く、その結果生理も不順なんです。

【関連記事】医者が考える「痛い」病気ワースト5

つまり生理が規則的なのは、20〜40歳くらいの、たった20年くらいなんです。

さらにその20年くらいの年齢の人の中でも、生理不順の人はたくさんいます。

卵巣の役割は、女性ホルモンをはじめとする性ホルモンを分泌することと、排卵することの2つです。

だいたい3ヶ月に1回くらい生理が来ていれば性ホルモンの分泌は保たれると言われています。

一方毎月生理のある人と、3ヶ月に1回しか生理のない人を比べると排卵の頻度は、3ヶ月の1回の人のほうが少なくなりますので、妊娠はしにくくなります。

それでここからが発見というか、医学の進歩だと思いますが、4〜5年前から低容量ピルで起こす生理の頻度は1ヶ月に1回から3ヶ月に1回に変わったんです。





これってすごくないですか?

この変化は、女性のQOL(生活の質)の向上にとても寄与していると思います。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧