感染症と持病は隣り合わせ?!病原体と生活習慣病について

タグ: , , 2021/2/4

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

口内細菌をマークせよ


 生活習慣病だって病原体と無縁ではありません。

感染症の原因になる細菌やウイルスも病原体に属します。両方とも目に見えず、知らない内に体内に侵入してくる不安材料です。AMR臨床レファレンスセンターのWebサイトによると、細菌とウイルスの違いは大きさや増殖の仕方、抗生物質などの薬剤の効き目に違いがあるそうです。

みなさんもご承知の「がん」は代表的な生活習慣病です。胃がんとピロリ菌、子宮頸がんとパピローマウイルス、悪性リンパ腫はEBウイルス、肝がんではB型やC型肝炎ウイルスが要因となっています。

そして食道がんは過度の飲酒や、たばこを吸うことが罹患率を高めるのですが、食道がんの患者の口腔内で歯周病の患者に見つかり易い細菌が検出される割合が高いとの研究結果が発表されました。(※1)

今後更に研究が進んで、特殊な病原体を制圧することで食道がんに罹るリスクをもっと減らせることができるかも知れません。

・今すぐ読みたい→
生活習慣の「癖」が肥満の原因かも!?記録から始めるダイエット法 https://cocokara-next.com/fitness/lifestyle-habits/





がんの他、糖尿病と歯周病との因果関係は、全身疾患と口の健康が密接な関わりを持っている証拠です。

糖尿病によって免疫機能が低下したり、全身の器官にダメージが及ぶ。炎症反応が起こるとTFN-αという物質が、血糖値を調節してくれるインスリンの働きを下げてしまうのです。糖尿病と歯周病の深刻化は、お互いが引き起こす負の渦巻(スパイラル)に引き込まれることで進行するのです。(※2)

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【浅倉カンナ選手】第2弾キャラクターフェイスタオル

浅倉カンナ選手のキャラクターフェイスタオル第2弾の発売が決定いたしました! 浅倉選手のキュートなキャラクターがあしらわれたデザインとなっています。 こちらは期間限定の受注生産販売です。 是非ご購入頂き、3/21のタイトルマッチへ向け皆さんでエールを送りましょう!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧