授乳中とにかくお腹が空く理由は?おすすめの間食と食事のとり方のコツ

タグ: , , 2024/7/3

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

 とにかくお腹が空く授乳中。育児の合間についつい間食をしてしまう方も多いのではないでしょうか。授乳中の間食は必要なものではありますが、あまりにも多すぎると体重の心配や、栄養面の心配も出てきます。今回は、授乳中におすすめの間食や、食事と間食のとり方の例をご紹介します。

【関連記事】更年期症状の緩和や美肌効果も!女性の味方「エクオール」とは





授乳中はどうしてお腹が空く?

授乳中にお腹が空きやすくなるのは、

・母乳でカロリーが消費される
・活動量が増える
・食事量が少ない

などの理由が考えられます。

母乳の分泌量は1日平均780mlとされており、517kcal(※)ものカロリーになります。517kcalというと、1食分ほどの目安であるため、授乳中にお腹が空くのは当然といえます。

また出産前のカラダが重たい状態に比べ、育児中の方が活動量も高いと考えられ、消費カロリーが増えるのもお腹が空く一因になります。

さらに、体重を戻そうと食事を減らし過ぎたり、育児の忙しさから食事がおろそかになったりすると、「とにかくお腹が空く!」という状態を作りかねません。

※:ただし、517kcal分を余分に食べて良いというわけではなく、体重減少分のカロリーを考慮して、授乳中は350kcalをプラスするのが目安となっています。

空腹感を減らす授乳中の食事のとり方

間食をとりすぎないためには、まずは3食の食事をしっかりとることが大切です。とくに主食(米、パン、麺など)をボリュームアップしてみると、お腹が空きにくくなります。

たとえば「妊産婦のための食事バランスガイド」を参考にすると、白米の量は1食200~250gほどとってOKです。多いように感じるかもしれませんが、お腹が空きにくくなり、結果的に間食を減らせるメリットがあります。間食が多い方や空腹感がつらい方はまず試してみてくださいね。

またおかずや野菜もしっかり食べ、できる限りバランスよく食べられるようにしましょう。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧