「たかが頭痛」ではない!慢性頭痛はこんなにつらい

タグ: , , , 2021/11/8

 皆さんは、「慢性頭痛」という言葉をご存知ですか?

頭痛に悩まされている方は多いですよね。今回は前回に引き続き、「寝てもとれない疲れをとる 神マッサージ」(アスコム刊)から頭痛のしくみ、メカニズムをひもといていきます。

・今すぐ読みたい→
寝てもとれない疲れをとる「神マッサージ」のやり方 https://cocokara-next.com/fitness/still-tired-after-sleep-02/


慢性頭痛とは、「繰り返し起こる頭痛」のことで、風邪や二日酔いなどによる一過性の頭痛や、くも膜下出血や脳出血などの病気によって引き起こされる頭痛とは異なります。

慢性頭痛に悩まされている人はかなり多く、日本人の3~4人に1人は「頭痛持ち」であると言われています。

なお、その慢性頭痛は、大きく「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられます。

このうち、緊張型頭痛は、年齢や性別に関係なく発症し、頭のまわりを締めつけられるような、鈍い痛みに襲われます。

時々発作が起こる「反復性緊張型頭痛」と、3ヶ月以上にわたり、毎日のように発作が起こる「慢性緊張型頭痛」があり、肩や首のこり、眼精疲労、吐き気、めまい、ふらつき、全身のだるさなどを伴うこともあります。

一方、片頭痛は、20~40代の女性に多いと言われています。

頭の片側もしくは両側に脈打つようなズキズキとした痛みが生じ、吐き気がしたり、光や音、臭いまでに敏感になったり、といった症状を伴うこともあります。

発作は週に1~2回、月に1~2回といった具合に間欠的に起こり、痛みは4時間から数日間続きます。また、緊張型頭痛と片頭痛を併せ持つ人もいます。

群発頭痛については、従来は20~30代の男性が発症することが多いと言われていましたが、最近では幅広い世代の女性にもみられるようになっているそうです。





発作は、季節の変わり目などに1~2ヶ月間、群発的に起こり、片方の目の奥をえぐられるような痛みに襲われます。

痛みは明け方に起こることが多く、1~2時間続き、目が充血する、涙や鼻水が出る、などの症状を伴うこともあります。

緊張型頭痛や片頭痛に比べ、患者数ははるかに少ないのですが、痛みの度合いは心筋梗塞、尿管結石と共に、「三大激痛」と称されるほど激しく、仕事を長期にわたって休んだり、辞めたりするケースも多いようです。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧