記者が体験、「コンビニキャベツ」で1ヶ月3キロ減とダイエット中の「上司の誘い」の断り方

タグ: , 2020/2/27

 長い冬が過ぎて、いよいよ春到来。新しいことを始めるにあたっては、またとないタイミングです。これまでなかなかダイエットが続けられなかった方に、「必勝法」を伝えたいと思います。ココカラネクストのライターを務める筆者(40代男性)は今年の1月1日からスタートして、1ヶ月で3キロ、2ヶ月で6キロの減量に成功しました。

・今すぐ読みたい→
毎食前にキャベツを食べるだけ!お財布にも優しいダイエット法(https://cocokara-next.com/food_and_diet/in-each-meal-before-only-eat-cabbage/)





主食は?


 ダイエットの両輪は「食事の見直し」と「運動」であることはよく知られています。筋トレにジョギング…ガシガシ取り組めれば、確かに効果はてきめんでしょう。しかし実態として、多くのビジネスマンには「忙しい」「運動する時間があれば寝たい」という事情があるかもしれません。よってここは「食事の見直し」に軸足を置きましょう。

 かつては筆者もそうでしたが、太る原因は「食べ過ぎ」にあります。一日3食、そんなに食べなければ、人はあんまり太りません。我々が生きている2020年は、そもそも美味しいものに溢れ過ぎているのです。

 ラーメンだって80年代以前にはこんなにバリエーションはなかったし、これほど深夜営業していることはありませんでした。牛丼チェーン店もしかりです。欲望のままにこれらの店へと突撃するのは、一時のストレスこそ解消できるかもしれませんが、体のどこかに負担をかけ、脂質異常症に悪玉コレステロールの増加といった、血液検査での数値悪化となって表れます。

 では、どうするか。食べ過ぎを抑えるために効果的なのは「コンビニキャベツ」です。細く裁断されたものが、ほとんどのコンビニかスーパーで100円で売られています。コーンやにんじんも入ったコールスローバージョンもあります。わざわざ包丁を握り、裁断するという手間をかける必要はありません。これを食事前に食べてから、「主食」に行くとしましょう。

 すると、どうでしょうか。「コンビニキャベツ」1袋を食べ終えた頃には、適度な満腹感を覚え、「主食」をそんなに欲さなくなります。ご飯は1膳の半分で十分になり、「大盛り」や「おかわり」は次第に遠い昔の出来事になります。

 これでは寝る前におなかがすいてしまう?
そんな方はまた、「コンビニキャベツ」を食べて下さい。十分な満腹感が得られますし、キャベツはたくさん食べても太りません。体重は日を追うごとに減少し、次の健康診断が楽しみになります。血液検査の結果、数値化されれば、体内の良化が実感できるでしょう。受験生の頃、英語や数学に集中的に取り組んだ結果、模試の結果返却が楽しみになる。あの高揚感に似ています。

 グルメの方からは、「キャベツばっかり食っていたら飽きるじゃねえか。絶対に続かねえよ」というお叱りの声が聞こえてきそうです。継続させるためにも、ドレッシングを数本、用意するとしましょう。フレンチ、イタリアン、和風に中華…叙々苑ドレッシングはやや高いですが、「ラーメン一杯分」よりは全然安いです。そのへんの贅沢はご自身に許してあげてください。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧