ゆっくりと食事を楽しんでほしい・・・ごはん茶碗と口の距離について

タグ: , 2021/5/14

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]


 今も昔も経済的格差は健康格差を生み出しています。

明治,大正,昭和の始めに生まれた世代は、戦中戦後の動乱期において、食べる物に困りながら懸命に生きて来られました。

私事ですが、子どもの頃から父母と祖母のごはんの食べ方が気になっていました。ごはん茶碗を口に宛がって掻き込むようにして食べていたのです。ごはん茶碗と口の距離が「0」なのです。

時間に余裕のある時でも急いで食べているかのようでした。飢えに苦しんでいた幼少時代、少しでも早く空腹を満たしたい気持ちがそうさせていたのか?進駐軍が占領下の日本人の頭に噴霧した、ダニ除けの殺虫剤DDTのにおいに誘われるほど、国民は飢えていたというのですから。その頃に身に染み込んでしまったしぐさなのかも知れません。

・今すぐ読みたい→
【医師が解説】ビール腹は◯◯でみるみる大きくなる!?本当の原因と解消法 https://cocokara-next.com/fitness/cause-of-beer-belly/





昭和の頃のホームドラマでは、一家そろって食事するシーンが多かった。「今日の○○家の献立」と題したテロップが流れる脚色もありました。演出によって違いはありましたが、俳優さん達はごはん茶碗を手に持つものの、そこから箸で一口分のごはんを取って口に運んでしました。その様子はゆとりのある、一種品のある食べ方だなぁと思っていました。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧