明日から取り入れられる! 免疫力UPに効く食材選びのコツ

タグ: , , , 2020/5/1

健康成分「ポリアミン」に注目


 「感染症に負けない、健康な身体をつくりたい・・・」今、そう感じている人は多いはず。

そんな中、近年「ポリアミン」という健康成分に注目が集まっています。納豆や米ぬかなど、日本人にとって身近な食材に豊富に含まれるており、感染症予防・免疫力アップにも効果が期待されています。

健康意識が高まる今、ポリアミンが豊富な食材を知って、日々の食事の参考にしてみてはいかがでしょうか?

今、コロナウイルスの影響で「免疫力を高めるための食材を取り入れている人」が増えており、特に納豆がスーパーを中心によく売れているのだそう(※)

そんな納豆に豊富に含まれている成分がポリアミン。ポリアミンとは一体どんな成分なのでしょうか?

※引用
食品産業新聞社ニュースウェブ
https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/04/2020-0406-1031-15.html

・今すぐ読みたい→
納豆の驚くべき効果効能 https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-surprising-fermented-soybeans/





感染症予防、がん予防、動脈硬化予防など・・・多彩な効果をもつ成分「ポリアミン」とは?

 ポリアミンは、すべての生物が身体の中に持っている成分で、「細胞の状態を正常に保つ」という、生命維持にとって重要な役割を担っています。細胞が正常な状態に保たれると、感染症や、細胞の突然変異によって起こるがんなどの病気のリスクが減ります。つまりポリアミンは、私たちが健康な体を維持する上で欠かせない成分なのです。

 一方で、ポリアミンを作る能力は年齢とともに減少すると言われています。「老化はポリアミンを自身の細胞で作れなくなることから始まる」という観点から、世界中で研究のなされている注目の成分なのです。

Pucciarell et al. Rejuvenation Res. 15:590-595, 2012

90代~100歳以上の人(百寿者)の血中ポリアミン濃度を調べたところ、60~80代の平均より大幅に高 く、30~50代に近い値が出た研究結果があります。

このことから、60~80代の時の濃度が高かった人が 長寿になっていると推測されます。

ではなぜポリアミンは感染症予防に効くのでしょう?ポリアミンの主な働きと一緒に見てみましょう。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧