「蝶番」「件の」「知己」・・・大人が読めない意外な漢字とは

タグ: , 2022/2/10

 意外と読み方が難しい漢字は多いもの。逆にそういった言葉を普段使いできれば、周囲から「オッ!」と思わせることができるかも!?今回は教養が試される漢字5つを紹介する。


1.幕間
読み方は「まくあい」。芝居で一つの場面が終わり、次の場面が始まるまでの間。舞台の幕が下りている間を指す。

2.蝶番
読み方は「ちょうつがい」。開き戸などが自由に開け閉めできるように取り付ける金具。もしくは「腰の蝶番を痛める」などと、体の関節を指す場合もある。

3.件の
読み方は「くだんの」。前に述べたこと。「例の」「いつもの」という意味でも用いる。





・今すぐ読みたい→
「等閑」「懇ろ」「詳らか」・・・大人が読めない意外な漢字とは

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧