「不知火」「不世出」「四方山」・・・大人が読めない意外な漢字とは

タグ: , 2022/4/1

 意外と読み方が難しい漢字は多いもの。逆にそういった言葉を普段使いできれば、周囲から「オッ!」と思わせることができるかも!?今回は教養が試される「三文字」の漢字5つを紹介する。


1.吉左右
読み方は「きっそう」。良い便り、うれしい知らせ。また、よいか悪いか、どちらかの便りという意味もある。この「左右」は、便りのこと。

2.不知火
読み方は「しらぬい」。夜、海上に多くの光が点在し、ゆらめいて見える現象。九州の八代海、有明海で見られる。

3.胸算用
読み方は「むなざんよう」。何かをする前に、頭の中でざっと計算したり、見積りをしたりすること。





・今すぐ読みたい→
「好事家」「粒選り」「仲違い」・・・大人が読めない意外な漢字とは

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧