フリーターの起源をご存知ですか?フリーター誕生から30年の今、思うこと

タグ: , 2019/10/27

[記事提供:ツナグ働き方研究所(https://tsuna-ken.com/)]

■それは、映画のタイトルだった

 フリーターの起源をご存知でしょうか。

「フリーター」という言葉が世に出たのは1987年、ちょうど今から30年前のことでした。

リクルートのアルバイト情報誌「FromA」(現在はFromA NAVIという求人サイト)から生まれたのです。当時、新聞・雑誌・テレビなどでも頻繁に使われるようになっていた「フリーアルバイター」いう言葉を「フリーター」と略して、FromA創刊5周年記念映画のタイトルに冠したのが、その起源。三浦友和さんも出演したこの映画自体は残念ながら奮いませんでしたが、フリーターという言葉は、ここから世に出回っていくようになりました。

・合わせて読みたい→
新人が職場に慣れた、と思ったら辞めた…なぜ最近の若者は突然辞めるのか?(https://cocokara-next.com/motivation/why-recent-young-people-retire/)


「フリーター」という働き方が発生した背景は大きく3つ。

ひとつ目は「産業構造の変化」。1970年代に生まれてきたコンビニやファストフードなどのチェーン店が一気に増え、それまではマイナーな雇用形態であったアルバイトの求人自体が急増しました。

ふたつ目は「バブル景気を背景にした雇用環境」。いったんフリーターの道を選んだとしても、就職しようと思えば 正社員として就職できる受け皿がいっぱいあったのです。

そして三つ目は「就業価値観の変化」。受験勉強に励み偏差値の高い大学に合格し大企業に入社するという生き方が「勝利の方程式」とされた時代、その単線的な生き方を保守的で退屈だと感じる学生が大量発生。彼らは就職ではなく夢の職業を追いかける、あるいは正社員としての就業をあえて放棄して人生を果敢に攻める、そんな生き方を選択するに至ったのです。信じられないかもしれませんが、「フリーター」は当初、「正規」のキャリアルートよりもアグレッシブでポジティブな働き方だったのです。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧