月経前緊張症(PMS)のセルフチェック

タグ: , , , 2022/12/21

[文:フェムゾーンラボ(https://www.femzonelab.com/)]

 生理の前に毎回心や体の調子が悪くなる人は、月経前症候群(PMS)になっています。診断は以下の通りです。

日本では生理のある女性の約70~80%が生理前に何らかの症状があり、生活の質が落ちる病的な月経前緊張(PMS)は5~10%程度です。

生理は、毎月ありますので、毎月体調が悪くなるわけですから、つらい場合は対処しましょう。

【関連記事】そのめまい、メニエルかも!?メニエル病のメカニズムとストレス





一般的に痛みや、自律神経失調症状、精神症状等は、放置すればするほど症状が悪化していきます。

まずは、生理前1週間前くらいからは過労にならないように気をつけて、規則正しい生活をしましょう。

カルシウムやマグネシウムを積極的に摂取し、カフェイン、アルコール、喫煙は控えたほうがよいと言われています。

痛みが強い場合は、鎮痛剤などで対応。

浮腫みや腹部膨満、不安等に関しては漢方が効果的な場合があります。

症状がひどい場合はクリニックを受診して、排卵を抑制するために低容量ピルを処方してもらいましょう。

人生のパフォーマンスレベルが上昇しますよ。

[文:フェムゾーンラボ(https://www.femzonelab.com/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【関連記事】令和を生きる女性のシゴト観を考える。男性に求めるのは「3高」から「4低」へ?!

【関連記事】なぜ?かっこよくないのにモテる男性の特徴

【関連記事】モテるダンディートーク 女心をガッチリ掴む「符号解読能力」!

関口 由紀

神奈川県横浜市出身の医師。日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本透析療法学会専門医、博士、経営学修士。女性医療クリニック・LUNAグループの理事長、横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学客員教授を務める。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧