バレンタインデーの本当の意味は・・・

タグ: , 2020/2/14

[記事提供:国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイトParties(パーティーズ)(https://parties.jp/)]

 2月の行事といえば、節分…もそうですが、やはりバレンタインですね。

今や国内では、義理だの友チョコだの、毎年大変な騒ぎになります。

職場では義務になってしまっている、という声も。

何か、主旨が変わっている感が否めませんよね…。

バレンタインデーって、そういうものじゃなかったハズ…。

じゃあ本当はどういう行事なのでしょう?

それを見つめ直していきませんか。

バレンタインデーの由来


3世紀頃、ローマ帝国の時代の伝説とされています。

皇帝クラウディウス2世の時代。

国内の兵士は、皇帝により結婚を禁じられていました。

理由は、士気が低下するから。

相手がいると特に命を惜しんだり、ホームシックになるのでしょう。

兵士達は嘆き悲しんでいました。

キリスト教の司祭ウァレンティヌス(=バレンタイン)は、兵士達を助けます。

秘密裏に彼らの結婚式を行い続けました。

その噂を知った皇帝にとがめられながらも逆らい続けました。

結婚式をやめなかったのです。

そして、ウァレンティヌスは処刑されました。

最後まで屈することはありませんでした。

処刑された日は、2月14日。この日は女神ユーノーの祝日。

翌2月15日はユーノーら神々を祭る、ルペルカリア祭の日です。

この祭りでは、毎年いわゆるお見合いパーティーが行われてきました。

その前日があえて見せしめの為に選ばれ、処刑されたのです。

その為、後に2月14日はキリスト教の祭日となりました。

それが「聖(セント)・バレンタインデー」です。

それは20世紀前半頃まで続きました。

史実が残っていないという理由で祭日から外されましたが、恋人達の守護聖人を象徴とする行事として、現代も定着しています。

・今すぐ読みたい→
出張シェフが、子どもの手作りバレンタインをサポートする 「プロのチョコサポ」登場!(https://cocokara-next.com/food_and_diet/valentine-chocolate-support/)

欧米でのバレンタインデー

本場ヨーロッパやアメリカではどのような習慣なのでしょう。

まず、チョコレートのやり取りはしません。ホワイトデーもありません。

それら日本で生まれた習慣とちがい、恋人達が、お互いにプレゼントを贈り合ったりします。

特に決まりなどはなく、各々の自由、思い思いに行います。

普通にお互いの愛を確かめあう、といった感じです。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧