今年も爆笑珍問答の阪神株主総会「阪神のドラフトを回転寿司に例えると…」、過去の株主総会は?

タグ: , 2019/6/15

大トロ? ウニ? イカ? タコ? 今年も「タイガース株主劇場」が繰り広げられた。

 阪急阪神ホールディングスの株主総会が13日に大阪市内で行われ、毎度の恒例行事となった「もの言う株主」から阪神タイガースに関する質問が飛んだ。東京から始発の新幹線に乗ってきたという男性は「1点だけに絞って言うので、よく聞いてください」と切り出し、ドラフト戦略について意見した。

タイガースのドラフトを回転寿司に例えると…


 「タイガースが50年間で3回しか優勝できない最大の理由は、ドラフトが下手だということです。とくに2位、3位の上位指名が下手。ここを改善してほしい。前評判の高い選手を指名できたのに、こんな選手を上位で指名する必要があるのか、という不思議な指名が毎年繰り返されている。回転寿司にたとえると、大トロやウニの皿が目の前を流れているのに手を出さないで、タコやイカの皿からとっていっている」と笑いを誘った。

 さらに続けて「秘密兵器のような選手を上位で指名して、秘密のまま終わっていったことがどれだけあるのか。他球団のスカウトは腹を抱えて笑っている。ドラフトで笑いをとる必要はありません。前評判の高い選手が必ずしも活躍するわけではないが、数十年の長いスパンで見たら、そういう選手を取り続けるかどうかで差は歴然と出る。その差の累積が優勝できない原因。上位指名は1軍で戦力になる選手を指名してください。なぜ、このようなドラフトを続けているのか。原因を究明して、解決していただきたい」と締め、会場から拍手が起こった。

 この質問はネットでもすぐに取り上げられ「誰が大トロで、誰がイカなんや?」と選手の具体名が次々と挙がるなど、SNSでも格好の「ネタ」に。

 珍問答は続き、別の株主からは「甲子園でイカ焼きを売ってほしい」「焼き鳥のタレが濃いのは、ビールを飲ませる作戦ですか」とユニークな質問。回答した阪神電鉄の百北常務取締役は、質問を復唱し「貴重なご意見だと考えました。球団に持ち帰り、話をしておきます」と会場を笑いに包んだ。

 こうしたやりとりは一般の株主総会では珍しいが、タイガースへの提言はもはや名物と化している。今年は矢野新監督のもと、総会時点で貯金「5」を作り首位・広島から2ゲーム差の3位と健闘しており、過激な質問は少なかった。過去には個人名を出しての苦言やフロント、監督人事にまでかみつくことも。ここ数年の主な質問をまとめてみた。

・合わせて読みたい→
阪神・藤浪、ぶつけた方が「悲鳴」 矢野監督の「プラス思考による再生プラン」とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shintarofujinami-ball-control/)

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧